はつらつママさんバレーボールin大野 PAを担当したハロー音楽舎の代表S氏夫妻/どこまでもアマチュア

はつらつママさんバレーボールin大野 その3

Pocket

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ
にほんブログ村

 



 

4 PAの紹介

 アリーナの隅にPAブースを据え、機材を搬入、仕込みに入ります。

はつらつママさんバレーボールin大野 機材を台車から降ろすハロー音楽舎代表K.S氏/どこまでもアマチュア

 今回の注目点1号。スピーカースタンドのアダプタです。次の写真のスピーカが、下向きに傾いていますが、この角度をつけるためのアダプタです。言われてみれば確かに必要な場面もアリの工夫ですね。ドイツのK&M – König & Meyer GmbH & Co.KGのスピーカースタンドアダプタ 19674 です。(品番が名前のようです。)

 SOUND HOUSEさんのサイトでの説明書き(商品ID:182531)は次のとおりです。

 スピーカー設置時の遊びをなくす独自のリングロック機能で簡単に素早く、しっかりとロック!角度も15°まで調節でき便利なアダプターです。
■スピーカースタンド用アダプター
■35mm径対応
■角度:0-15°まで調節可能
■耐荷重:25kg
■リングロック

はつらつママさんバレーボールin大野 ドイツK&M - König & Meyer GmbH & Co.KG社製スピーカースタンドアダプタ 19674/どこまでもアマチュア

はつらつママさんバレーボールin大野 ドイツK&M - König & Meyer GmbH & Co.KG社製スピーカースタンドアダプタ 19674/どこまでもアマチュアはつらつママさんバレーボールin大野 ドイツK&M - König & Meyer GmbH & Co.KG社製スピーカースタンドアダプタ 19674/どこまでもアマチュア

  JBLのスピーカーが、少しうつむいています。2階観客席に設置したスピーカーが、階下のアリーナに対してPAするため、スタンドのアダプタが活躍しているというわけです。

はつらつママさんバレーボールin大野 少しうつむいたJBLスピーカー/どこまでもアマチュア

JBL 500 Series EON 515XT Self Powered Loudspeaker です。

はつらつママさんバレーボールin大野 JBL EON 515XT/どこまでもアマチュア

 MUSIC LAND KEYさんによるとEON Seriesは、ミキサーとイコライザーを内蔵する簡易PAシステムとして、世界中で支持されているポータブル・パワードスピーカーシステム。
 EON515XTは、現行モデルを上回る出力と音質を実現しており、圧倒的なサウンドクオリティを気軽にフィールドに持ち出せます。ミキサーとイコライザーを内蔵するパワードスピーカーシステム“EON Series”の最新モデルで、出力パワーと音質を向上させています。
 質量は現行モデルと同じ14.8kgと軽量にもかかわらず、出力パワーは625Wを実現。パワーアンプを最適化し、増幅段の再設計を行ったことで、出力比約140%、最大音圧も129dB SPLから132dB SPLと大幅にアップしています。 また、入力感度を10dB改善。ノイズフロアの低減もあいまって、スペクトラルバランスをさらに均等化させており、クリアで周波数バランスの取れた音質に仕上がっています。
 また、高品位を裏付ける優れたコンポーネントを集結しています。 高域はネオジム磁石を採用したコンプレッションドライバー、低域はJBL PROFESSIONALのSRスピーカーのフラッグシップモデルVerTec直系のディファレンシャルドライバーを使用しています。
 内蔵のパワーアンプは、AMCRONのハイブリッドクラスDアンプ。ドライバーとの完璧なマッチングを施しており、低域と高域ドライバーをそれぞれ個別にドライブするバイアンプ方式を採用しています。
 背面にはXLRと標準フォーン(TRS)対応の複合型端子と2つの標準フォーン(TRS)を備えており、キーボード、楽器、ドラムマシン、DJミキサーなど多種多様な機器との接続が可能。
 EONスピーカーの増設やレコーディング機器など外部機器への接続用のXLRのループスルー端子も備えており、フィールドでの設定も簡単に行えます。
 また、現行モデルでは1つしかなかったEQを低域と高域にそれぞれ装備。コントロールの幅が広がり、3チャンネルのミキサーを駆使すれば、さらに思い通りのサウンドに近づきます。
 さらに、ポータビリティに優れており、ひとりで簡単にセットアップが可能です。過酷な現場に耐えられる頑丈なポリプロピレン製のエンクロージャーは、持ちやすいように人間工学に基づいてデザインされたハンドルを装備しています。グリップには滑り止めを施しており、本体との間には手を入れる深さを十分につけてあります。また、Φ36mmのポールソケットを備えており、ポールやスタンドへのマウントが可能。サスペンションポイントを利用すれば天井から吊り下げられます。

はつらつママさんバレーボールin大野 JBL EON 515XT 正面と背面/どこまでもアマチュア はつらつママさんバレーボールin大野 JBL EON 515XT コントロールパネル/どこまでもアマチュア はつらつママさんバレーボールin大野 JBL EON 515XT 正面と背面/どこまでもアマチュア はつらつママさんバレーボールin大野 JBL EON 515XT グリップ部/どこまでもアマチュア

<仕様>
●形式:ミキサー内蔵2-Wayパワード・フルレンジ・スピーカー
●周波数レンジ(-10dB):39Hz ~ 20kHz
●指向角度(水平×垂直):100°x 60°
●クロスオーバー周波数:1.7kHz
●パワーアンプ出力(<0.1%THD):
   システム 625W
   LF 525W
    HF 100W
●最大音圧:132dB SPL
●イコライザー:
   低域 ± 6dB @200Hz
    高域 ± 6dB @4kHz
●ドライバー構成:
   低域 380mm(265F-1)× 1
   高域 25.4mm(2414H)× 1
●入力コネクター:XLRと標準フォーン(TRS)対応の複合型端子(マイク/ ライン)×1、
  標準フォーン(TRS)(ライン)×2
●出力コネクター(ループスルー):バランスXLR
●電源:100V、50/60Hz
●消費電力:600W
●エンクロージャー:ポリプロピレン、黒
●寸法(幅×高×奥行):438 × 685 × 366mm
●質量:14.8kg
    取扱説明書 JBL_PRO_EON500_300_manual_201404_c(PDF:7.96MB)
    仕様書       EON_515XT_仕様書(PDF:190KB)

 2階席最前の手擦り際四隅に設置、つまり4台でアリーナ全体にPAしています。

はつらつママさんバレーボールin大野 2階席からアリーナに向かって音を届けるJBL EON 515XT/どこまでもアマチュア

 ELECTRO-VOICE SX300です。これは、客席向けに2台設置しました。JBLだけで客席にも音は十分行き渡るのですが、観客数によっては、体育館ながら会場がデッドになり過ぎた場合のための保険的に設置してあります。

はつらつママさんバレーボールin大野 ELECTRO-VOICE SX300の背面/どこまでもアマチュア

 SOUND HOUSEさんによるとEV ( エレクトロボイス )  SX300は、樹脂製スピーカーの定番にしてEVの代表機種。切れの良い高域とレスポンスの良い低域。耳あたりのよい万能サウンドです。各種オプションにより設置や可搬性にも優れているので各種イベントにも便利。小規模ライブのメインスピーカーとしても実力を発揮します。 [直輸入品]
 SRスピーカーの定番といえばEVの代表機種SX300。切れの良い高域とレスポンスの良い低域により、抜群の音飛びを実現。どんなイベント会場でもきちんと音を届ける職人的なモデルです。
 

はつらつママさんバレーボールin大野 ELECTRO-VOICE SX300の正面/どこまでもアマチュアはつらつママさんバレーボールin大野 ELECTRO-VOICE SX300の側面/どこまでもアマチュアはつらつママさんバレーボールin大野 ELECTRO-VOICE SX300の背面/どこまでもアマチュアはつらつママさんバレーボールin大野 ELECTRO-VOICE SX300の底面/どこまでもアマチュア

■タイプ:2WAYフルレンジ
■周波数特性:80Hz~25kHz
■許容入力(プログラム):600W
■インピーダンス:8ohms
■出力音圧レベル (SPL/m/W):100dB
■最大出力音圧レベル (SPL/m):132dB
■ウーハーユニット:12インチウーハー
■ドライバー:1インチコンプレッションドライバー
■コネクター:スピコン x2
■スタンドマウント:○
■サイズ:42.9W×58.6H×31.2Dcm
■重量:14.5kg
■備考:65°×65°CDホーンは、スピーカーを縦横どちらにも設置でき、大きな開口部は広帯域にわたる優れた指向性コントロールを実現。プラスチック・エンクロージャー・タイプとして、常に人気を保っています。
            ELECTRO-VOICE SX300取扱説明書

 客席よりもう一段上の場所に設置しました。

はつらつママさんバレーボールin大野 客席よりも高い位置からPAするELECTRO-VOICE SX300/どこまでもアマチュア

ELECTRO-VOICE SX300を駆動するアンプ YAMAHA P2360です。

はつらつママさんバレーボールin大野 YAMAHA P2360/どこまでもアマチュア

 



 

 ミキサー卓は、MACKIE ONYX1620です。

はつらつママさんバレーボールin大野 MACKIE ONYX1620/どこまでもアマチュア

 MACKIE ONYX1620 のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 

 一番下がグライコART HQ-231、その上がリバーブレーターYAMAHA REV500、一番上にベリンガー コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200です。
 次にSONY CDMDデッキ MXD-D400、NEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤーとCDプレイヤー2台が続き、その上がLINE6 XD-V55デジタルワイヤレス受信機、その上がaudio-technica デジタルワイヤレス“SYSTEM10”シリーズ専用レシーバー ATW-R1100J、その上がLINE6 XD-V30とワイヤレスマイクの受信機が3台続きます。

 はつらつママさんバレーボールin大野 グライコ、コンプリミッター、CDプレーヤーなど/どこまでもアマチュア

 ART HQ-231、YAMAHA REV500 、NEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤーのレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 ベリンガー コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200 のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 

 SONYさんによるとCDMDデッキ MXD-D400は、CDプレーヤーとMDデッキをひとつにした上で、お手持ちのCDからMDへのダビングが4倍速で行えるMD+CDデッキです。CDもMDも、デジタルで音楽(データ)が記録・再生されますが、同じ曲でもデータ量はMDの方がずっとコンパクト。メディア(MD)への書き込み(録音)も早く済みます。そこで、MXD-D400では、CDの読み取り速度を早め、信号処理も高速化することで4倍速ダビングを実現しています。60分のCDも15分でダビングできますので、朝の慌ただしい時間帯でも、ポータブルMDプレーヤー用のディスクがすばやく作れます。一体型ですからコード接続も不要。デジタル to デジタルですから高音質。曲順をプログラムしての4倍速ダビングも行えます。MDデッキ部には、より高音質な録音が行えるATRAC/ATRAC3 DSP TYPE-Sを搭載したほかATRAC ICと周辺回路の信号受け渡しデータ語長を細密化したワイドビットストリーム・テクノロジーも投入。さらにディスク標記時間の2倍/4倍のステレオ録音が行えるMDLPモードも搭載しました。CDプレーヤー部も、高音質のハイブリッド・パルスD/Aコンバーターを搭載しています。
はつらつママさんバレーボールin大野 SONY CDMDデッキ MXD-D400/どこまでもアマチュア

■カラー:ゴールド
■大きさ:430(幅)×108(高さ)×399(奥行)mm
■質量:約5.4kg
■付属:ワイヤレスリモコンRM-D54J
■A/Dコンバーター:96kHz 24ビット
■D/Aコンバーター:192kHz 24ビット D/Aコンバーター
■電源トランス:1
■周波数特性:5-20,000Hz ±0.5dB(MD部)
■ダイナミックレンジ(再生時):96dB以上(MD部)
■SN比(再生時):96dB以上(MD部)
■全高調波ひずみ率(再生時):0.005%以下(MD部)
■ワウ・フラッター(再生時):測定限界(0.001%W・Peak)以下(MD部)
■入力端子:デジタル 光 1系統,アナログ(ライン入力) 1系統
■出力端子:デジタル 光 1系統,アナログ(ライン入力) 1系統,ヘッドホン(ボリューム付き) ステレオ標準ジャック1系統(金メッキ)
■電源電圧:AC100V 50/60Hz
■消費電力:15W

 

 audio-technicaさんによるとデジタルワイヤレス“SYSTEM10”シリーズ専用レシーバー ATW-R1100Jは、難しい設定から解放された高音質2.4GHz帯デジタルワイヤレスシステム単体販売モデル。
 受信状態の良いアンテナを自動で選択するスペースダイバーシティ方式をはじめとして、周波数ダイバー、時間ダイバーを採用しています。
 

 はつらつママさんバレーボールin大野 audio-technica ATW-R1100J/どこまでもアマチュア   はつらつママさんバレーボールin大野 audio-technica ATW-R1100J/どこまでもアマチュア   はつらつママさんバレーボールin大野 audio-technica ATW-R1100J/どこまでもアマチュア

■受信方式:自動チャンネル設定方式
■最大オーディオ出力レベル:0dBV(XLR3ピン オス、バランス)、6dBV(φ6.3mmモノラルジャック、アンバランス)
■電源:DC12V(付属のACアダプター使用、日本国内専用)
■外形寸法(突起部除く):約H46.2×W190×D128.5mm
■質量:約290g
■付属品:ACアダプター
    ATW-1101取扱説明書    ATW-1101仕様書

 audio-technica MODEL:ATW-T1001J ピンマイクです。

はつらつママさんバレーボールin大野  audio-technica ATW-T1001Jの本体/どこまでもアマチュア

 audio-technicaさんによるとデジタルワイヤレス“SYSTEM10”シリーズ専用2ピースタイプトランスミッターATW-T1001Jは、難しい設定から解放された高音質2.4GHz帯デジタルワイヤレスシステム単体販売モデル。
 ベルトパックトランスミッターの内部に、2本のアンテナを搭載。常に条件の良いアンテナから電波を送信しています。
 

       はつらつママさんバレーボールin大野 audio-technica ATW-T1001J/どこまでもアマチュア

■送信出力:10mW
■電源:DC3V(単3形アルカリ乾電池×2)
■動作時間:約6時間(単3形アルカリ乾電池使用時)
■質量(電池除く):約100g
    ATW-T1001J取扱説明書    ATW-T1001J仕様書

 

ワイヤレスマイク LINE6 XD-V55 Handheldです。

はつらつママさんバレーボールin大野 LINE6 XD-V55 Handheld/どこまでもアマチュア

 LINE6 XD-V30、LINE6 XD-V55 のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 

  もう1本 LINE6のワイヤレスマイクです。こちらは、二日間通して大古氏専用にしていました。

はつらつママさんバレーボールin大野 LINE6 XD-V30 Handheld/どこまでもアマチュア

 PAオペレーター用転がしモニター YAMAHA MODEL MS60S パワードスピーカーです。

はつらつママさんバレーボールin大野 YAMAHA MODEL MS60S/どこまでもアマチュア

 YAMAHA MODEL MS60S パワードスピーカー のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 PAの仕込みも終了し、スタッフが一段落しています。

はつらつママさんバレーボールin大野 休憩しているハロー音楽舎スタッフ/どこまでもアマチュア

 スタッフ証とオープニング・アクトで使用したCDです。

はつらつママさんバレーボールin大野 スタッフ証とオープニング・アクトで使用したCD/どこまでもアマチュア

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

 まだまだ続きます。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください