「越美北線」タグアーカイブ

越前東郷駅を見てきました。part2



 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 越前東郷駅の駅舎の待合室を出て乗り場へ向かいます。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎を出てプラットホームへ向かう/どこまでもアマチュア

 線路を渡ってプラットホームに繋がるようです。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎を出たすぐの風景/どこまでもアマチュア

 どこからも入ってこれそうな駅の構内というイメージです。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎裏のプラットホームへのアプローチ/どこまでもアマチュア

 右方面に集落が見えます。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎裏から見える集落/どこまでもアマチュア

 左方面を見渡すと乗り場への行程のようです。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎裏から見た乗り場への行程/どこまでもアマチュア

 線路を渡るのに左右確認も求めてませんし、人の往来を遮断するものも用意されていませんが、大丈夫なんでしょうか。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎裏でまたぐ線路/どこまでもアマチュア

 ここでまたぐ線路は、やはり本線に繋がっているので、列車がここを通ることも想定されているのではないでしょうか。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎裏でまたぐ線路が本線とつながっている/どこまでもアマチュア

 歩いて向かう方向を再度確認します。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームまでの行程/どこまでもアマチュア

 手前の支線もかなり向こうまで続いてはいるようですが。

越前東郷駅を見てきました。 支線が向こうまで続いている/どこまでもアマチュア

 こっちが本線でしょう。こちら側がもっぱら乗り降りするのに使用するように見えます。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームと本線が寄り添っている/どこまでもアマチュア

 さらに進みます。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームまでの斜路/どこまでもアマチュア

 傾斜を登るとプラットホームに到着です。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームの様子/どこまでもアマチュア

 駅名板です。わりと新しい感じがします。

越前東郷駅を見てきました。 駅名板/どこまでもアマチュア

 さらにプラットホームを進みます。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームの様子/どこまでもアマチュア

 



 

 駅名標です。

越前東郷駅を見てきました。 駅名標/どこまでもアマチュア

 だいぶ小じわが顕在化して見かけは汚いです。

越前東郷駅を見てきました。 駅名標の東側面/どこまでもアマチュア

 裏面を見ると綺麗でしたが、風雨の当たり方でこれだけ差が出るものなんですね。

越前東郷駅を見てきました。 駅名標の西側面/どこまでもアマチュア

 ここが九頭竜湖方面へ乗る場合の乗車口だそうです。

越前東郷駅を見てきました。 九頭竜湖方面乗車口の表示/どこまでもアマチュア

 そして、プラットホーム中央のひさしに到着です。

越前東郷駅を見てきました。プラットホーム内ひさしに到着/どこまでもアマチュア

 ひさしの下は見るものがあって楽しいですね。ここが福井方面へ行く時の乗車口で、ワンマン列車の乗降方法の注意書きがあります。

越前東郷駅を見てきました。 ひさし内掲示物/どこまでもアマチュア

 裏側へ回るとベンチがありました。

越前東郷駅を見てきました。 ひさし下のベンチ/どこまでもアマチュア

 さらに奥へ進みます。やはり六条駅や足羽駅よりプラットホームも長いし、駅としては大きいんですよね。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームの奥方向の様子/どこまでもアマチュア

 素人の私には、途中のこのミラーの役割は分かりません。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームに設置されたミラー/どこまでもアマチュア

 もう一基、駅名標がありました。

越前東郷駅を見てきました。 駅名標/どこまでもアマチュア

 もうすぐ突き当たりです。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホーム先端手前/どこまでもアマチュア

 一番奥まで到達しました。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホーム先端の様子/どこまでもアマチュア

 支線の方を見ると、ここが行き止まりでした。一旦列車をここまで引き込むための線路だったんですね。

越前東郷駅を見てきました。 支線の行き止まり/どこまでもアマチュア

 さらに向こうを望んでみます。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホーム先端から見た風景/どこまでもアマチュア

 



 

 望遠で見るとこんな感じで線路が続いていました。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホーム先端からさらに遠くを見た風景/どこまでもアマチュア

 支線の行き止まりのつくりはこのようになっていました。

越前東郷駅を見てきました。 支線行き止まりの近景/どこまでもアマチュア

 その向こう側には枕木が備蓄してありました。

越前東郷駅を見てきました。 支線行き止まり奥に備蓄された枕木/どこまでもアマチュア

 振り返って、来た道を戻ります。

越前東郷駅を見てきました。 プラットホームをUターン/どこまでもアマチュア

 ひさしの所まで戻ったら右側に目立つ色使いの掲示物が目につきます。

越前東郷駅を見てきました。ひさし部分に戻った時の風景/どこまでもアマチュア

 自転車置き場の線路側に掲示してありました。

越前東郷駅を見てきました。 自転車置き場の背中の様子/どこまでもアマチュア

 「ようこそ おつくねのまち東郷へ」と歓迎横断幕でした。

越前東郷駅を見てきました。 自転車置き場の背中の横断幕/どこまでもアマチュア

 さっき駅舎の方へは振り返らなかったのですが、駅舎のこちら側はこんな感じでした。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎を線路側から見た様子/どこまでもアマチュア

 おや。駅舎のこちら側の出入り口にも同じ掲示物がありました。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎の線路側にある掲示物/どこまでもアマチュア

 先ほどは歓迎横断幕でしたが、これは「おかえりなさい」と出かけていた人々の帰宅を迎える看板でした。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎の線路側にあるお迎え看板/どこまでもアマチュア

 駅舎から出たら越前東郷駅周辺の地図も掲げられていました。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅周辺の地図/どこまでもアマチュア

 少し駅を離れてみたら「小安」と情緒たっぷりの名前のバス停がありました。

越前東郷駅を見てきました。 京福バス小安停留所/どこまでもアマチュア

 そして、その近くにはりっぱな建物が目を引いていました。

越前東郷駅を見てきました。 小安停留所近くのりっぱな建物/どこまでもアマチュア

  何やら大きな掲示物も見えます。

越前東郷駅を見てきました。 りっぱな建物にある大きな掲示物/どこまでもアマチュア

 



 

 「白岳仙」ローマ字でHakugakusenと書いてあります。地酒の銘柄のようです。安本酒造有限会社さんのお店でした。

越前東郷駅を見てきました。 「白岳仙」の看板/どこまでもアマチュア

 こちらの造り酒屋 安本家さんの建物についての由来が記されています。

越前東郷駅を見てきました。 安本家の説明書/どこまでもアマチュア

 酒樽も展示してありました。

越前東郷駅を見てきました。 酒樽の展示/どこまでもアマチュア

 のれんも素敵ですね。

越前東郷駅を見てきました。 玄関先ののれん/どこまでもアマチュア

 正面から見た入口です。

越前東郷駅を見てきました。 安本家入り口正面/どこまでもアマチュア

 近づいてみると一つは営業時間のご案内がありました。

越前東郷駅を見てきました。 営業時間のご案内/どこまでもアマチュア

 建物について県の認定証がありました。

越前東郷駅を見てきました。「ふくいの伝統的民家」認定証/どこまでもアマチュア

 「純米吟醸しぼりたて生」という銘柄のお酒も販売されているようです。

越前東郷駅を見てきました。 「純米吟醸しぼりたて生」のお品書き/どこまでもアマチュア

 軒下に壺も飾ってありました。

越前東郷駅を見てきました。 軒下の壺/どこまでもアマチュア

 旧家のたたずまいという感じでした。

越前東郷駅を見てきました。 安本家/どこまでもアマチュア

 後ろの方に酒造工場らしき建物も見えました。

越前東郷駅を見てきました。 安本家奥の酒造工場/どこまでもアマチュア

 安本家さんを離れ先ほどの道路に挟まれた川のところに来ました。

越前東郷駅を見てきました。 道路の中央に川が流れているところ/どこまでもアマチュア

 橋の名前が確認できました。

越前東郷駅を見てきました。 橋の名前/どこまでもアマチュア

 「槇山橋」とあります。

越前東郷駅を見てきました。 「槇山橋」/どこまでもアマチュア

 



 

 何かの説明のようです。

越前東郷駅を見てきました。 何かの説明が書いてあるもの/どこまでもアマチュア

 「槇山音頭」の歌詞が書かれていました。

越前東郷駅を見てきました。 「槇山音頭」の歌詞/どこまでもアマチュア

 そばに掲示板があって、この川は堂田川(どうでんがわ)という名前であるということで、ポスターが掲示されていました。ささやかに宣伝されている感じですが、もっと大々的に広報していただきたいと思う素敵な川ですよね。

越前東郷駅を見てきました。 堂田川のポスター/どこまでもアマチュア

 掲示板の足に近くに槇山遊歩道があるという案内板がありました。次回、ぜひ歩いてみたいと思います。

越前東郷駅を見てきました。 槇山遊歩道の案内板/どこまでもアマチュア

 この川沿いに行くと、サギもいました。

越前東郷駅を見てきました。 川にたたずむサギ/どこまでもアマチュア

 かなり大型の鳥でした。

越前東郷駅を見てきました。 川にたたずむサギ/どこまでもアマチュア

 先ほどの越前東郷駅の直近の橋は幅も大きいものでした。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅の直近の橋/どこまでもアマチュア

 「駅前大橋」という名称だそうです。

越前東郷駅を見てきました。 「駅前大橋」/どこまでもアマチュア

 欄干に当たる場所には、伝統産業である水稲栽培を表した「米づくり」という題の絵が描かれていました。

越前東郷駅を見てきました。 「米づくり」の絵が描かれている欄干/どこまでもアマチュア

 もう片方には「いざり機」という絵でした。機織りが盛んだったようです。

越前東郷駅を見てきました。 「いざり機」の絵が描かれている欄干/どこまでもアマチュア

 バスターミナルでしょうか。

越前東郷駅を見てきました。 バスターミナル/どこまでもアマチュア

 東郷停留所は、地域のバス交通の拠点で、ターミナルも置かれているのでしょう。

越前東郷駅を見てきました。 バスターミナル/どこまでもアマチュア

 そのすぐそばに特徴的な建物も見えます。

越前東郷駅を見てきました。 特徴的な建物/どこまでもアマチュア

 駐在所でした。

越前東郷駅を見てきました。 駐在所/どこまでもアマチュア

 デザイン的にすごくいい感じの親しみを感じる建物でした。

越前東郷駅を見てきました。 駐在所/どこまでもアマチュア

 越前東郷駅については、東郷二ヶ町の中心的役割も担っているようなので、町の様子も少し加えて紹介させていただきました。

次回も駅のレポートを続けます。お楽しみに。
 

 この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事もあわせてご覧く
  ださい。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

越前東郷駅を見てきました。part1



 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村

 2016年1月17日(日)今度は、越前東郷駅を見に来ました。
 越前東郷駅がある福井市東郷二ケ町が近づいてきたと思っていたら

 越前東郷駅を見てきました。 気になるものとすれ違った瞬間の景色/どこまでもアマチュア

 公共機関と思われる建物のそばに気になるものが見えました。

越前東郷駅を見てきました。 公共機関と思われる建物のそばにあった気になるもの/どこまでもアマチュア

 アプローチに入って近づいて見るとポーチの先に何か書いてあります。

越前東郷駅を見てきました。 公共機関の正面/どこまでもアマチュア

 東郷公民館と書いてありました。

越前東郷駅を見てきました。 東郷公民館のポーチ/どこまでもアマチュア

 玄関ドア上のガラスにも書いてありました。

越前東郷駅を見てきました。 東郷公民館正面入口/どこまでもアマチュア

 この公民館前の街道沿いに「ようこそ。おつくねのまち東郷へ」と大きく呼び掛けており、その上部の枠に掲示者として「越前東郷共和国」と表示されていました。一番下に、東郷ふるさとおこし協議会、東郷地区自治会連合会、福井市東郷公民館の表記があり、これらの3機関がこの看板の広告主であるようです。越前東郷駅がある東郷地区の特産がつくねであるとは初めて知りました。

越前東郷駅を見てきました。 「越前東郷共和国」の看板/どこまでもアマチュア

 それから少し走ると東郷二ケ町中心部にさしかかるようでした。

越前東郷駅を見てきました。 東郷二ケ町中心部に向かう道路/どこまでもアマチュア

 道路が左右に二分され、右方面は進入禁止となっていて、真ん中に中央分離帯的な障害物が現れた形になりました。

越前東郷駅を見てきました。 道路の真ん中に中央分離帯的な障害物が現れた様子/どこまでもアマチュア

 真ん中の障害物は、川でした。

越前東郷駅を見てきました。 道路の真ん中の障害物は川だった様子/どこまでもアマチュア

 道路の真ん中を川が流れているのです。

越前東郷駅を見てきました。 道路の真ん中に流れている川/どこまでもアマチュア

 ところどころ橋が架かっています。

越前東郷駅を見てきました。 道路の真ん中に流れている川の架かっている橋/どこまでもアマチュア

 ずーっと川が続いています。

越前東郷駅を見てきました。 向こうの方まで続いている川/どこまでもアマチュア

 幅広い橋があるところもみえます。

越前東郷駅を見てきました。 幅広い橋が架かっているところ/どこまでもアマチュア

 風景としても、町並みとしても素敵なところなんだと感じました。

越前東郷駅を見てきました。 道の真ん中に川が流れて風情たっぷりの様子/どこまでもアマチュア

 川が流れる通りを途中で左折し、越前東郷駅を目指します。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅に近づく道/どこまでもアマチュア

 



 

 遠くに駅らしきものが見えてきました。

越前東郷駅を見てきました。 遠くに見えてきた越前東郷駅/どこまでもアマチュア

 やっぱり駅です。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅だと確信が持てた瞬間/どこまでもアマチュア

 駅前なので広場になっています。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅前広場/どこまでもアマチュア

 広場に入る前に左の建物を見たら、福井市農業協同組合東郷支店でした。

越前東郷駅を見てきました。 福井市農業協同組合東郷支店/どこまでもアマチュア

 右側は、マンションのようでした。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅前のマンション/どこまでもアマチュア

 農協の前にバス停があり、停留所名は「越前東郷駅前」でした。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅前停留所/どこまでもアマチュア

 駅舎です。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅舎/どこまでもアマチュア

 正面に回り込みました。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅舎の正面/どこまでもアマチュア

 こぢんまりしていますが、有人駅の佇まいです。

越前東郷駅を見てきました。 越前東郷駅舎の近景/どこまでもアマチュア

 駅名よりも「おつくねのまち」の広告物の方が目立っていますね。

越前東郷駅を見てきました。 駅名表示/どこまでもアマチュア

 右を振り向くと大きな「槇山城跡・ふるさとの森案内図」の広告板が幅を利かせていました。「槇山城」というお城があったんですね。一度、詳しく訪ねてみたいと思わせる歴史情緒を感じました。

越前東郷駅を見てきました。 槇山城跡・ふるさとの森案内図/どこまでもアマチュア

 駅舎前には、公衆電話ボックス、飲み物の自動販売機、向こうの方には公衆トイレがあり、利便が図られています。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎前の利便設備/どこまでもアマチュア

 駅舎前に植え込みがあります。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎前の植え込み/どこまでもアマチュア

 雪吊りが施してある松の木もあり、灯篭も配置されているなど、来場者を歓迎しています。列車出発時刻までの待ち時間に鑑賞してもらう意図があったと感じました。おもてなしの精神ですよね。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎前の植え込み/どこまでもアマチュア

 最近新しく設置された建築物であることが、私の目にも明らかで、ひときわ目立った施設は身障者用も備えた公衆トイレでした。

越前東郷駅を見てきました。 新設された公衆トイレ/どこまでもアマチュア

 



 

 その左方向に大規模な自転車置き場がありました。

越前東郷駅を見てきました。 大規模な自転車置き場/どこまでもアマチュア

 これは、相当数の自転車を収容できます。

越前東郷駅を見てきました。 大規模な自転車置き場/どこまでもアマチュア

 奥にも一列あるんですから、大規模ですよね。

越前東郷駅を見てきました。 大規模な自転車置き場/どこまでもアマチュア

 右側には、相向かいに2列、左側に1列です。

越前東郷駅を見てきました。 大規模な自転車置き場/どこまでもアマチュア

 この自転車駐車場設置者の福井市からの利用案内と注意事項が掲示されていました。

越前東郷駅を見てきました。 自転車駐車場の利用案内と注意事項/どこまでもアマチュア

 さらにその向こうには公園らしき施設も見えます。

越前東郷駅を見てきました。 公園らしき施設/どこまでもアマチュア

 「東郷駅前ふれあい公園」とあります。

越前東郷駅を見てきました。 「東郷駅前ふれあい公園」という標識/どこまでもアマチュア

 いこいの場所として手入れがされている様子でした。

越前東郷駅を見てきました。 「東郷駅前ふれあい公園」/どこまでもアマチュア

 駅舎に戻って見たら、さっき見落としていたポストを確認しました。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎入口付近のポスト/どこまでもアマチュア

 駅舎入口脇には鉢植えが飾ってあります。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎入口脇の鉢植え/どこまでもアマチュア

 地元の方の心遣いでしょう。駅の利用者の目を和ませています。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎入口脇の鉢植え右側/どこまでもアマチュア

 今日は日曜日で閑散としていますが、通勤通学の利用者は相当数あると思われます。急いで通り過ぎる人々の心を癒してくれているようです。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎入口脇の鉢植え左側/どこまでもアマチュア

 で、駅舎の入口を入ります。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎入口引き戸/どこまでもアマチュア

 中は広くなっていて、多くの列車待ち客を収容できそうです。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎内の様子/どこまでもアマチュア

 待合コーナーには壁沿いにベンチが据え付けられ、手前側にはイスも置いてあります。

越前東郷駅を見てきました。 待合コーナーの様子/どこまでもアマチュア

 



 

 イスの上には座布団が置いてありました。

越前東郷駅を見てきました。 四連イスと座布団/どこまでもアマチュア

 ベンチの方にも...ボランティアの方々が時間待ちのお客さんが座りやすいように置いてくださったんですね。

越前東郷駅を見てきました。 ベンチにも置いてある座布団/どこまでもアマチュア

 振り返ると右方向にでっぱりがありました。

越前東郷駅を見てきました。 駅舎内の反対方向の様子/どこまでもアマチュア

 改札を兼ねた発券窓口があったようですが、内側から板が貼られ、閉鎖されていました。今は無人駅になっているようです。

越前東郷駅を見てきました。 閉鎖されている旧窓口/どこまでもアマチュア

 その左方向は掲示コーナーになっています。ベンチもありますが。

越前東郷駅を見てきました。 掲示コーナー/どこまでもアマチュア

 時刻表です。

越前東郷駅を見てきました。 時刻表/どこまでもアマチュア

 運賃表です。

越前東郷駅を見てきました。 運賃表/どこまでもアマチュア

 列車運行情報掲示システムです。

越前東郷駅を見てきました。 列車運行情報掲示システム/どこまでもアマチュア

 バス代行運転になった場合のバス乗り場のご案内です。

越前東郷駅を見てきました。 バス代行運転になった場合のバス乗り場のご案内/どこまでもアマチュア

 左側が駅前停留所の路線バス時刻表で、右側がJR西日本北陸案内センターの営業時間のご案内です。

CIMG8739

 「最寄りの路線バス停の時刻表を掲示させていただいております。」と列車の遅延や運休の際には路線バスを利用しやすいように配慮されています。

越前東郷駅を見てきました。 路線バスの利用案内/どこまでもアマチュア

 きれいな生け花です。ボランティアの方の心温まる活動が利用者の目を和ませています。

越前東郷駅を見てきました。 生け花/どこまでもアマチュア

 ワンマン列車の利用方法が掲示されています。

越前東郷駅を見てきました。 ワンマン列車の利用方法説明書/どこまでもアマチュア

 こちらも説明書きです。

越前東郷駅を見てきました。 ワンマン列車の利用方法説明書/どこまでもアマチュア

 待合室を出て乗り場へ向かいます。

越前東郷駅を見てきました。 乗り場へ向かってドアを通過/どこまでもアマチュア

 つづきをpart2でお届けします。こちらもぜひ、ご覧ください。

 

 この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事もあわせてご覧く
  ださい。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

足羽駅はこんなところでした。



 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 2015年12月23日(水・祝)ここも、いつも通り過ぎるだけですが足羽駅を見に来ました。

  上の地図の縮尺を調整すると、足羽駅の南側に県道181号線が見えますが、そちら方面から見た足羽駅です。田んぼの真ん中に駅だけあることがわかります。

足羽駅はこんなところでした。 田んぼの真ん中に駅/どこまでもアマチュア

 この写真は、同じ地図で見て、足羽駅から西の方角に福井市立足羽第一中学校がありますが、その東側に南北に伸びる道が見えます。その道を少し北に進んでから、振り返って南東の方角の眺望の中で見た足羽駅です。ここから見ても、やっぱり田んぼの真ん中に立っている駅です。

足羽駅はこんなところでした。 南東の方角の眺望の中で見た足羽駅/どこまでもアマチュア

  足羽第一中学校側から近づいてみます。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校側から見た足羽駅/どこまでもアマチュア

 プラットホームの全景が見えてきました。

足羽駅はこんなところでした。 プラットホーム全景/どこまでもアマチュア

 すぐ手前にあるこの設備は、電気関係でしょうか。

足羽駅はこんなところでした。 手前にある設備/どこまでもアマチュア

 駅全体が高床式のようになっていて階段で登るだけになっています。

足羽駅はこんなところでした。 階段/どこまでもアマチュア

 ちょっとホームに寄らずに通り過ぎてみます。

足羽駅はこんなところでした。 階段をやり過ごしたあたり/どこまでもアマチュア

 駅舎をやり過ごすと向こう側のプラットホームに背中合わせで自転車置き場が備えてありました。それも、相当大規模な自転車置き場ですよね。

足羽駅はこんなところでした。 自転車置き場全景/どこまでもアマチュア

 内側に「福井市自転車駐車場」とあります。この駅を利用する人々のために市が設置したものなんですね。確かに人家から離れているので、利用者は車で送ってもらわない限り自転車で来ることになるでしょう。

足羽駅はこんなところでした。 「福井市自転車駐車場」の表示/どこまでもアマチュア

 昭和62年にJRから土地の使用承認を受けているんですね。

足羽駅はこんなところでした。 「鉄道用地使用承諾書」/どこまでもアマチュア

 利用上の注意事項が掲示されています。

足羽駅はこんなところでした。 利用上の注意事項/どこまでもアマチュア

 通り過ぎて振り返って見てもその規模の大きさを感じます。今日は祝日だから利用者が少ないだけなのでしょうか。

足羽駅はこんなところでした。 別の角度からの自転車置き場全景/どこまでもアマチュア

 こちら側の壁面にも「福井市自転車駐車場」という施設名称が掲示されています。名板が錆びて文字が読みにくくなってしまいました。

足羽駅はこんなところでした。 「福井市自転車駐車場」の表示/どこまでもアマチュア

 プラットホームと自転車置き場はよく似たところで途切れています。そこからは、土手のようになった線路敷きに線路がむき出しに乗っかっています。

足羽駅はこんなところでした。 プラットホームと自転車置き場の途切れた場所/どこまでもアマチュア

 上の写真にもあるように黄色い標識が立てられていて「せんろにはいってはいけません。」と書いて、注意を促しています。

足羽駅はこんなところでした。 「せんろにはいってはいけません。」と書いてある黄色い標識/どこまでもアマチュア

 



 

 線路には立ち入らないもののできるだけ接近して駅の方角を見てみました。

足羽駅はこんなところでした。 線路のそばから見た足羽駅/どこまでもアマチュア

 私は、このローカルなたたずまいがすごく好きです。

足羽駅はこんなところでした。 田んぼと道と駅/どこまでもアマチュア

 ちなみにすぐそばの足羽第一中学校も少しのぞいてみました。これは、足羽駅そばから見た全景です。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校の遠景/どこまでもアマチュア

 線路を渡って正面玄関方面を見た景色です。

足羽駅はこんなところでした。 線路の向こう側から見た足羽第一中学校の正面玄関方面/どこまでもアマチュア

 これは、踏切から少し足羽駅側へ歩いてから振り返ってみた体育館などの遠景です。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校の体育館などの遠景/どこまでもアマチュア

 生徒玄関へ向かう際の校門です。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校の校門/どこまでもアマチュア

 生徒玄関です。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校の生徒玄関/どこまでもアマチュア

 グランドではサッカー部が練習していました

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校のサッカー部の練習/どこまでもアマチュア

 熱心に練習されていました。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校サッカー部の熱心な練習/どこまでもアマチュア

 では、先ほどのプラットホームに上がる階段の所に戻って、階段を上がりましょう

足羽駅はこんなところでした。 プラットホームに上がる階段/どこまでもアマチュア

 駅舎をプラットホームから見ましたが、前回ご紹介した六条駅とよく似た仕様になっています。

足羽駅はこんなところでした。 プラットホームから見た駅舎/どこまでもアマチュア

 駅名標方面を見たときの眺望です。

足羽駅はこんなところでした。 駅名標方面の眺望/どこまでもアマチュア

 駅名標です。

足羽駅はこんなところでした。 駅名標/どこまでもアマチュア

 少し下がって駅舎方面を見てみました。

足羽駅はこんなところでした。 駅舎方面を見たときの眺望/どこまでもアマチュア

 駅舎です。

足羽駅はこんなところでした。 正面から見た駅舎/どこまでもアマチュア

 



 

 除雪機械が配置されています。

足羽駅はこんなところでした。 除雪機械/どこまでもアマチュア

 入口引き戸です。

足羽駅はこんなところでした。 入口引き戸/どこまでもアマチュア

 中に入って見渡します。

足羽駅はこんなところでした。 駅舎内部の様子右側/どこまでもアマチュア

 ほぼ前回の六条駅と同じです。

足羽駅はこんなところでした。 駅舎内部の様子左側/どこまでもアマチュア

 運賃表です。

足羽駅はこんなところでした。 運賃表/どこまでもアマチュア

 列車運行情報です。

足羽駅はこんなところでした。 列車運行情報/どこまでもアマチュア

 バス代行運転になった場合のバス乗り場のご案内です。

足羽駅はこんなところでした。 バス代行運転になった場合のバス乗り場のご案内/どこまでもアマチュア

 時刻表です。

足羽駅はこんなところでした。 時刻表/どこまでもアマチュア

 ワンマン列車のため、乗降方法を説明しています。2両目のドアは開きません。

足羽駅はこんなところでした。 ワンマン列車乗降方法/どこまでもアマチュア

 足羽第一中学校生徒会執行部が、この駅を清掃奉仕してくださったそうです。そのボランティア精神に感謝感謝です。

足羽駅はこんなところでした。 足羽第一中学校生徒会執行部からのメッセージ/どこまでもアマチュア

 JR西日本北陸案内センターへの問合せ方法のご案内と越美北線列車乗降時のドアの開け方の説明が掲示してあります。

足羽駅はこんなところでした。 JR西日本北陸案内センターへの問合せ方法等の掲示物/どこまでもアマチュア

 九頭竜湖方面へ向かう時の乗降口は、この辺になるんですね。

足羽駅はこんなところでした。 九頭竜湖方面の乗降口/どこまでもアマチュア

 反対に福井方面行きへ乗る時は駅舎の前になるということですね。

足羽駅はこんなところでした。 福井方面の乗降口/どこまでもアマチュア

 12時を過ぎたので12分発福井行きの列車が来る頃なんですが...

足羽駅はこんなところでした。 九頭竜湖方面の景色/どこまでもアマチュア

 来た。来ました。ヘッドライトを点灯しているので、多少遠くでも列車が近づいて来るのがよくわかります。

足羽駅はこんなところでした。 ヘッドライトを点灯して近づいてくる列車/どこまでもアマチュア

 



 

 だんだん近づいて来ますが、ゆっくりに感じます。

足羽駅はこんなところでした。 だんだん近づいて来る列車/どこまでもアマチュア

 さらに減速している気がします。

足羽駅はこんなところでした。 さらに減速した列車/どこまでもアマチュア

 じーっと見てるとじれったいです。

足羽駅はこんなところでした。 なかなか到着しない列車/どこまでもアマチュア

 到着しました。

足羽駅はこんなところでした。 やっと到着した列車/どこまでもアマチュア

 停車位置に着けます。

足羽駅はこんなところでした。 停車位置に着ける列車/どこまでもアマチュア

 停車しました。

足羽駅はこんなところでした。 停車した列車/どこまでもアマチュア

 私が乗車しないので運転士さんが顔を出されました。ごめんなさい。乗車しないんです。ひやかしになってしまい恐縮です。

足羽駅はこんなところでした。 窓から顔を出した運転士さん/どこまでもアマチュア

 運転士さんが発車準備に入りました。

足羽駅はこんなところでした。 発車準備に入った運転士さん/どこまでもアマチュア

 発車しました。

足羽駅はこんなところでした。 発車した列車/どこまでもアマチュア

 前進しています。

足羽駅はこんなところでした。 前進中/どこまでもアマチュア

 乗客が見えます。

足羽駅はこんなところでした。 車外から見える乗客/どこまでもアマチュア

 ホームを離れます。

足羽駅はこんなところでした。 ホームを離れる列車/どこまでもアマチュア

 ホームの端を離れました。

足羽駅はこんなところでした。 ホームから離れる列車/どこまでもアマチュア

 どんどん離れます。

足羽駅はこんなところでした。 ホームから遠のく列車/どこまでもアマチュア

 どんどん小さくなっていきます。

足羽駅はこんなところでした。 小さくなっていく列車/どこまでもアマチュア

 ほぼ見えなくなりました。

足羽駅はこんなところでした。 ほぼ見えなくなった列車/どこまでもアマチュア

 足羽駅の紹介はここまでです。次回もまた、他の駅を紹介したいと思います。お楽しみに。

このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝します。
 

 この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事もあわせてご覧く
ださい。
 ・越前東郷駅を見てきました。
     その1 、 その2 
 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

六条駅を紹介します。



 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

 2015年12月20日(日)いつも通り過ぎるだけの六条駅に来てみました。

 駅を探します。

六条駅を紹介します。 駅を探しています/どこまでもアマチュア

 車のナビに従って道路を走ります。

六条駅を紹介します。 カーナビで駅を探しています。/どこまでもアマチュア

 地図上では、六条駅のすぐそばを通る大きめの道路を走っているのですが、JRの駅にどのくらい近くまでこれたかは、全然分かりません。

六条駅を紹介します。 まだ駅を探しています。/どこまでもアマチュア

 おっと!ナビが曲がれと言っているので、曲がります。でも路上にはなんにもJRの駅が近いとかここを曲がるんだとかは示されていません。

六条駅を紹介します。 カーナビが”曲がれ”と言っている三叉路/どこまでもアマチュア

 ほら。曲がりっぱなにも、何もないでしょう?

六条駅を紹介します。 何も見えない三叉路付近/どこまでもアマチュア

 でも、駅はこちらだと言うので曲がります。

六条駅を紹介します。 左折中の三叉路の中/どこまでもアマチュア

 曲がり切っても駅らしいものが目に飛び込んでくるわけではなさそうです。

六条駅を紹介します。 曲がり切った三叉路の景色/どこまでもアマチュア

 道を曲がったすぐそこに立派な掲示板がありました。

六条駅を紹介します。 三叉路直後に立てられている掲示板/どこまでもアマチュア

 ここは、天王町という集落なんですね。「うらがまちづくり六条地区委員会」が立てた、天王町集落の紹介掲示板のようです。

六条駅を紹介します。 掲示板の掲載内容/どこまでもアマチュア

 進行方向に向き直りさらに進みます。

六条駅を紹介します。 掲示板の前を通過/どこまでもアマチュア

 曲がり角から30mは進みます。

六条駅を紹介します。 さらに直進/どこまでもアマチュア

 突き当たりを左折するようです。

六条駅を紹介します。 左折地点を発見/どこまでもアマチュア

 細い坂道があり、その先に駅のようなものが見えてきました。

六条駅を紹介します。 駅施設の一部を発見/どこまでもアマチュア

 傾斜を登ればすでにそこはプラットホームという構造です。

六条駅を紹介します。 一気にプラットホームまで出現/どこまでもアマチュア

 



 

 歩く傾斜のすぐわきが線路敷きになっていて、危険な線路内に立ち入ることができないような構造ではないんですね。

六条駅を紹介します。 プラットホーム上り口/どこまでもアマチュア

 プラットホームを歩きます。

六条駅を紹介します。 プラットホーム上の景色/どこまでもアマチュア

 駅舎に近づいてきました。

六条駅を紹介します。 ようやく駅舎を発見/どこまでもアマチュア

 小さな駅舎にたどり着きました。

六条駅を紹介します。 駅舎に接近/どこまでもアマチュア

 駅舎を通り過ぎてみます。

六条駅を紹介します。 一旦駅舎前を通過/どこまでもアマチュア

 プラットホームが続いています。

六条駅を紹介します。 駅舎の向こう側のプラットホーム/どこまでもアマチュア

 この数字は乗車位置に番号が振ってあるということでしょうか。

六条駅を紹介します。 数字だけの掲示物/どこまでもアマチュア

 さらに進みます。

六条駅を紹介します。 数字の掲示物の向こう側のプラットホーム/どこまでもアマチュア

 駅名標があるようです。ないのかと思いました。

六条駅を紹介します。 駅名標を発見/どこまでもアマチュ

 当駅の駅名標です。

六条駅を紹介します。 駅名標の掲示内容/どこまでもアマチュア

 プラットホームの先端です。

六条駅を紹介します。 プラットホームの先端に到達/どこまでもアマチュア

 階段があったので、降りて振り返ったところの景色を撮ってみました。

六条駅を紹介します。  階段の先から振り返って見たプラットホーム/どこまでもアマチュア

 駅舎の方に戻ってみます。

六条駅を紹介します。 駅舎方面へ戻ってみる。/どこまでもアマチュア

 駅名標の前を通り過ぎます。

六条駅を紹介します。 駅名標の前を再度通過/どこまでもアマチュア

 駅名標をじっくり見ます。

六条駅を紹介します。 駅名標の掲示内容/どこまでもアマチュア

 



 

 駅舎のこちら側が、福井方面へ向かう場合の乗車口と表示されています。

六条駅を紹介します。 福井方面乗車口の表示/どこまでもアマチュア

 冬なので、除雪機械が準備してあります。

六条駅を紹介します。 除雪機械/どこまでもアマチュア

 せっかくなので、回り込んでじっくり見てみました。

六条駅を紹介します。 除雪機械の近接画像/どこまでもアマチュア

 駅舎の中に入ってみます。

六条駅を紹介します。 駅舎内観察開始/どこまでもアマチュア

 「融雪剤」と書いてあります。

六条駅を紹介します。 融雪剤ストッカー発見/どこまでもアマチュア

 正面の壁に目をやります。

六条駅を紹介します。 壁にも何か見るものがありそう。/どこまでもアマチュア

 いろいろ掲示物が多いです。

六条駅を紹介します。 たくさんの掲示物でにぎやかな壁/どこまでもアマチュア

 運賃表です。

六条駅を紹介します。 運賃表/どこまでもアマチュア

  運行情報を伝えるディスプレイです。

六条駅を紹介します。 列車運行情報表示箱/どこまでもアマチュア

 バス代行運転となった場合の説明書きです。

六条駅を紹介します。バス代行運転時の案内/どこまでもアマチュア

 時刻表です。

六条駅を紹介します。時刻表/どこまでもアマチュア

 お知らせ、注意書きが4種類掲示されています。

六条駅を紹介します。4種類のお知らせ、注意書き/どこまでもアマチュア

 ゴミ箱なども配置されています。

六条駅を紹介します。ゴミ箱/どこまでもアマチュア

 塵取りにも決まって「六条駅」とあります。

六条駅を紹介します。 「六条駅」と書かれた塵取り/どこまでもアマチュア

 駅舎を出て、来た道を戻ってみます。

六条駅を紹介します。 プラットホームのアプローチへ戻る/どこまでもアマチュア

 



 

 アプローチの端から、その先を眺望してみました。

六条駅を紹介します。 アプローチからの眺望/どこまでもアマチュア

 同じ方角を望遠で撮ってみました。

六条駅を紹介します。 アプローチからさらに遠くを望んでみる/どこまでもアマチュア

 先ほどプラットホームの方へ傾斜を登りましたが、その左側に広場があったのも気にかかっていました。よく見ると、広い敷地を垣根で囲ってあります。

六条駅を紹介します。 プラットホーム脇の広場/どこまでもアマチュア

 六条駅利用者のための駐車場だと思われます。

六条駅を紹介します。 駐車場として利用されている様子の広場/どこまでもアマチュア

 この広場の名称または用途を表した標識が立てられています。

六条駅を紹介します。 駐車場内の標識/どこまでもアマチュア

 しかし、札の表面が読めなくなっていました。何と書いてあったのか気になります。

六条駅を紹介します。 記載内容が気になる駐車場内の標識/どこまでもアマチュア

 そうやってウロウロしていると...利用者でしょうか、車で送られてきた人が到着したようです。

六条駅を紹介します。 期せずして利用者が到着/どこまでもアマチュア

 間もなく列車が到着するのに合わせて乗客が駅へ来たようです。

六条駅を紹介します。 間もなく列車の到着する時刻/どこまでもアマチュア

 遠くから列車が近づいてきます。

六条駅を紹介します。 遠くから近づいてくる列車/どこまでもアマチュア

 ヘッドライトが光っているので、わかります。

六条駅を紹介します。 列車のヘッドライトが近づいてくる/どこまでもアマチュア

 駅構内に入って来ました。

六条駅を紹介します。 駅に到着してきた列車/どこまでもアマチュア

 ホームに着きました。

六条駅を紹介します。 ホームに到達してきた列車/どこまでもアマチュア

 停車位置まで進みます。

六条駅を紹介します。 停車位置にゆっくり進む列車/どこまでもアマチュア

 停車しました。15:01発 九頭龍湖行きです。

六条駅を紹介します。 停車した列車/どこまでもアマチュア

 先ほど来られた方が乗車しています。乗車する姿を間近に撮りたかったのに、遠目にしか写せなくて残念です。

六条駅を紹介します。 利用者が乗車する瞬間/どこまでもアマチュア

 



 

 咄嗟に乗車されましたが、2枚撮れましたね。

六条駅を紹介します。 利用者が乗車する瞬間の2枚目の写真/どこまでもアマチュア

 と、その時一番前の出口から降車される乗客が降りてきました。

六条駅を紹介します。一番前の出口から乗客が降車する瞬間/どこまでもアマチュア

 ワンマンなので、列車内で切符を渡してあるため、そのまま歩いて行かれました。

六条駅を紹介します。立ち去る乗客/どこまでもアマチュア

 乗降客、各1名で列車はスタートします。

六条駅を紹介します。ドアが閉まって出発する列車/どこまでもアマチュア

 水色のさわやかな感じのラッピングをゆっくり見せながら出発していきます。

六条駅を紹介します。ラッピングがよく見えるタイミングの列車/どこまでもアマチュア

 少しずつスピードを上げていきます。

六条駅を紹介します。速度が増す列車/どこまでもアマチュア

 プラットホームから離れていきました。

六条駅を紹介します。プラットホームから離れた列車/どこまでもアマチュア

 軽快に進んでいきます。

六条駅を紹介します。さらにプラットホームから遠ざかる列車/どこまでもアマチュア

 向こうの北陸自動車道をくぐっていきます。

六条駅を紹介します。北陸自動車道の高架にさしかかる列車/どこまでもアマチュア

 山並みを背景に列車が進んでいきます。

六条駅を紹介します。山脈の風景になじんでいく列車/どこまでもアマチュア

 すぐそばの踏切の遮断機も上がっていきます。

六条駅を紹介します。列車の通過後遮断機が上がる踏切/どこまでもアマチュア

 踏切を車がわたっていきます。

六条駅を紹介します。もう車が横断できるようになった踏切/どこまでもアマチュア

 その向こうを列車が走っていきます。

六条駅を紹介します。踏切を横断する車の向こうに見える列車/どこまでもアマチュア

 小さくなってきました。

六条駅を紹介します。見えにくいところまで遠ざかった列車/どこまでもアマチュア

 もう豆粒ほどに小さくなり見えなくなっていきました。

六条駅を紹介します。見えなくなっていった列車/どこまでもアマチュア

 本日の取材はここまで。次回は他の駅を紹介します。
 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝します。

 

 この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事もあわせてご覧く
ださい。
 ・越前東郷駅を見てきました。
     その1 、 その2 
 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

越前花堂駅を知っていますか。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 



 

  2014年5月25日(日)福井県福井市にあるJR北陸本線とJR越美北線の両方の駅であるJR越前花堂駅を利用しました。

 


大きな地図で見る

 

 この日の始発に乗ってJR越前大野駅まで行くために来たのです。

 小さい駅ながら北陸本線のホームと越美北線のホームがあります。

 JR越前花堂駅の外観です。

越前花堂駅を知っていますか。 駅舎外観駐車場から見たところ/どこまでもアマチュア

 JR越前花堂駅の正面です。

越前花堂駅を知っていますか。 駅舎正面に近づいて見たところ/どこまでもアマチュア

 JR越前花堂駅の正面にある駐車スペースです。

越前花堂駅を知っていますか。 駅正面の駐車スペース/どこまでもアマチュア

 駅舎側から見た構内駐車スペースです。

越前花堂駅を知っていますか。 駅舎側から見た構内駐車スペース/どこまでもアマチュア

 駐輪場です。本日は私の自転車も、ここに置かせていただきました。 かなり利用者が多いらしく、駐輪スペースは混んでました。

越前花堂駅を知っていますか。 駐輪場近景/どこまでもアマチュア

 駐車スペース側から見た駐輪場です。

越前花堂駅を知っていますか。 駐輪場遠景/どこまでもアマチュア

 改札口です。無人でした。有人の時間帯もあるのでしょうか。
 いつのことだったか、私は、JR越前花堂駅で降車し、この改札口で駅員さんに切符を渡したことがあることは思い出せますが。

越前花堂駅を知っていますか。 閉まっていた改札口/どこまでもアマチュア

 駅舎内の時刻表です。

越前花堂駅を知っていますか。 駅舎内の時刻表/どこまでもアマチュア

 駅舎内の自動券売機です。この機械で、JR越前大野駅までの乗車券を購入しました。窓口で購入したかったのですけど、始発だから仕方ないかと思って買いました。

越前花堂駅を知っていますか。 自動券売機/どこまでもアマチュア

 拡大写真です。

越前花堂駅を知っていますか。 自動券売機の近接画像/どこまでもアマチュア

 点字運賃表です。

越前花堂駅を知っていますか。 点字運賃表/どこまでもアマチュア

 



 

 改札を出たすぐの風景は、北陸本線のホームです。

越前花堂駅を知っていますか。 北陸本線のホーム/どこまでもアマチュア

 振り返ると壁に駅名標が掲示してありました。

越前花堂駅を知っていますか。 駅名標/どこまでもアマチュア

 北陸本線ホームに普通列車が入ってきました。

越前花堂駅を知っていますか。 北陸本線ホームに入ってきた普通列車/どこまでもアマチュア

 ズームして見てみたら敦賀駅行きでした。

越前花堂駅を知っていますか。 敦賀駅行き普通列車/どこまでもアマチュア

 ホームを渡る歩道橋の上から敦賀駅行きが出発するところをパチリ

越前花堂駅を知っていますか。 敦賀駅行き普通列車が出発/どこまでもアマチュア

 同じ歩道橋の上の反対側、つまり福井市中心部方面の風景です。

越前花堂駅を知っていますか。 歩道橋上から福井市中心部方面を見た風景/どこまでもアマチュア

 先ほど敦賀行き列車が出発したホームに降りる階段下には、越美北線のホームへつながる順路が表示されています。

越前花堂駅を知っていますか。 越美北線への順路表示/どこまでもアマチュア

 階段を降り切って、誘導される方向へ進みます。

越前花堂駅を知っていますか。 越美北線への誘導/どこまでもアマチュア

 



 

 もうひとつ階段を降りて、越美北線のホームにつながる通路を進みます。

越前花堂駅を知っていますか。 越美北線のホームにつながる通路/どこまでもアマチュア

 越美北線のホームに到着して、左を向いて福井市中心街方面を見た景色です。

越前花堂駅を知っていますか。 福井市中心街方面を見た景色/どこまでもアマチュア

 それから右を向いて、大野方面を見た景色です。

越前花堂駅を知っていますか。 大野方面を見た景色/どこまでもアマチュア

 ホームの一番大野よりから見た風景です。

越前花堂駅を知っていますか。 一番大野よりから見たホーム/どこまでもアマチュア

 待合室です。ローカル色いっぱいの風情です。

越前花堂駅を知っていますか。 待合室/どこまでもアマチュア

 こちらのホームの駅名標です。次の駅が北陸本線と違って「ろくじょう」になっています。さて、北陸本線では、次の駅は何になっていたでしょうか。12枚前の写真に戻ればわかります。

越前花堂駅を知っていますか。 越美北線の駅名標/どこまでもアマチュア

 ローカルな駅の風情がたまりませんね。 ホームの一番福井駅寄りに立って列車の到着を待っていたら...

越前花堂駅を知っていますか。 ホームの一番福井駅寄りに立って列車の到着を待つ/どこまでもアマチュア

  列車が到着しました。かわいいラッピングが目を引きます。
 越前大野市の宣伝をしているラッピングですね。

越前花堂駅を知っていますか。 ラッピング列車の到着/どこまでもアマチュア

 この列車に乗車して、JR越前大野駅を目指しました。
このあと「第50回越前大野名水マラソン」のページに繋がります。
 そうでした。私が、このホームに到着した時点では、まだ、ここで乗車すると見受けられる乗客は、私一人だったんです。
 その後、この始発列車がこのJR越前花堂駅に到着するまでに、たくさんの乗客が集まったのでした。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

※ この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください。

 ・第50回越前大野名水マラソン

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ