「PA(音響)」タグアーカイブ

第4回 萌叡の里 唄まつり 「えけぇわ」



 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ にほんブログ村

 第4回 萌叡の里 唄まつり 「えけぇわ」のスタッフをしました。

  日時  2017年10月1日(日)13:00~
  場所  萌叡塾 野外広場
        福井県福井市中手町17-31

 福井県福井市の山間部 中手町で、第4回 萌叡の里 唄まつり 「えけぇわ」が開催されました。

チラシ

 手づくりのステージには、音響設備のセッティングも終わり、今はリハーサルを待つのみとなっています。

スタンバっているステージ リハを待つステージ

 メインスピーカーには、MACKIE THUMP TH-15Aを、サイドモニターには、MACKIE SRM350を使用しています。

MACKIE THUMP TH-15A MACKIE SRM350

 MACKIE THUMP TH-15A のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページで、MACKIE SRM350のレビューとスペックは、当ブログの「第30回大野市福祉ふれあいまつり part1」のページで、それぞれご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 ころがしモニターにYAMAHA MS60Sを、メインヴォーカルマイクにSHURE BETA58Aを使用しています。

YAMAHA MS60S SHURE BETA58A

 YAMAHA MS60S のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページで、SHURE BETA58Aのレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページで、それぞれご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 コーラスや楽器用のマイクに、SHURE SM58 や SM57 を使用しています。

SHURE SM58 SHURE SM57

 SHURE SM58のレビューとスペックは、当ブログの「六呂師高原アルプス音楽祭2014~その2~」のページで、SHURE SM57 のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページで、それぞれご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 エレキベースなどの入力用にBOSS DI-1を使用しています。マルチコードは入力が8つのものを使用しています。

BOSS DI-1 マルチコードボックス

 BOSS DI-1 のレビューとスペックは、当ブログの「六呂師高原アルプス音楽祭2015~その1」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 PAブースですが、テーブルが小ぶりであったこともありますが、セットもシンプルなので、エフェクター類を積み上げたうえにミキシングコンソール Behringer XENYX 2222FXを置いています。
 エフェクター類は、上からNEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤー、そして Behringer コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200、リバーブ YAMAHA REV500、グライコ ART HQ-231と続いて、一番下にグライコ YAMAHA GQ1031BⅡ が2台です。

BEHRINGER XENYX 2222FX エフェクター類

Behringer XENYX 2222FX のレビューとスペックは、当ブログの「平成27年度下庄地区敬老会 その2」のページで、NEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤーとYAMAHA REV500 とART HQ-231のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページ、Behringer コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200 のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページで、それぞれご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。  

 



 

 会場に本日のステージイベントのプログラムが掲示されました。

プログラム

 トップバッターは、主催者 GAKUさんです。ソロで三線を弾きながら、非常に軽快に楽しく歌います。GAKUさんがお客さんやスタッフたちよりも一番楽しそうなのが印象的ですが、GAKUさんが楽しそうに歌っていると、見ている方も楽しくなります。

GAKUさん GAKUさん GAKUさん GAKUさん

 本当に歌うことが大好きなんだなと感じました。
 「白保節」「繁盛節」「安里屋ユンタ」など沖縄民謡を歌われました。

GAKUさん GAKUさん GAKUさん GAKUさん

 二番手は、わったーやー(私達家)です。いきなり太鼓を叩きながら踊る人たち「エイサー」に出くわしました。

わったーやー(私達家) わったーやー(私達家)

 太鼓を抱えながらの踊りなので、大変だろうと思うのですが、本人たちは至って楽しそうです。先ほど歌ったGAKUさんも、わったーやー(私達家)のメンバーなんですね。

わったーやー(私達家) わったーやー(私達家)

 「たいちょー」の歌にも力がこもります。結成8年目のチームワークが、歌と三線とエイサーの調和をとって見ごたえあるステージに仕上げています。
 3週続いてステージのオファーがある真ん中の週ということで、体調にも気を配りながら頑張っておられるそうです。

わったーやー(私達家) わったーやー(私達家) わったーやー(私達家) わったーやー(私達家)

 3番手は、ALOHAISAI。結成間もないということでした。

ALOHAISAI ALOHAISAI

 ウクレレと三線(弦が4本あって「四線」らしいのですが「三線」と呼ぶのでしょうか?)のコンビなので、アロハとハイサイを足してアロハイサイにしたんだとの説明がありました。

ALOHAISAI ALOHAISAI

 「三線の花」「島人ぬ宝」の2曲を披露されました。

江沢 努氏 江沢 努氏

 次は、すこしかけたつきというグループです。シンセサイザー、二胡、三線および歌という構成です。

すこしかけたつき

 シンセサイザーの幻想的な音をバックに流し始めた中で、いきなり「環境音楽ユニットとして活動しています。」との説明がありました。歌だけでなくヨガもお客さんに教えてもらえるそうです。

すこしかけたつき すこしかけたつき

 「てぃんさぐぬ花」を披露された後、ヨガをみんなで始めました。ラフティーヨガというヨガだそうです。

すこしかけたつき すこしかけたつき

 その後、オリジナル曲「桃の花」を歌われました。

すこしかけたつき すこしかけたつき

 peace of 琉球 moonは、金沢で三線を中心に沖縄音楽を楽しんでいるグループです。

peace of 琉球 moon peace of 琉球 moon

 メンバーは三線が2名、ベース、ヴォーカルが3名など大所帯のようですが、今回、スケジュールの都合でメンバーからは写真の女性ヴォーカルおひとりだけ、サポートメンバーから参加してもらったギターのハンチョウさん、キーボードのハルちゃんの3名での参加になったとの説明がありました。が、肝心のご自分は名乗らないままとなりました。

peace of 琉球 moon peace of 琉球 moon

 それでメンバーからは一人だけ1ピース=1pieceとpeaceをかけて、peace of 琉球 moonというグループ名にしたとのことでした。

peace of 琉球 moon peace of 琉球 moon

 「海の声」「花(川は流れてどこどこ行くの)」「島人ぬ宝」の3曲を披露されました。

peace of 琉球 moon peace of 琉球 moon

 おなじみの浴衣と裸足のいでたちで12弦ギターをかき鳴らしながら手作りパーカッションを蹴って大汗かきながら歌うバッカナルのスタイルですが、今回は、なんと軽トラックの荷台に乗って登場し、会場のお客さんが喜んでヤンヤの歓声を浴びていました。

バッカナル バッカナル

 この中手町の隣 神当部町出身の酒井 潤氏です。

バッカナル バッカナル

 今回3曲歌われましたが、2曲目に会場内を歩き回りながら歌うなど絶好調ぶりを見せていました。

バッカナル バッカナル

 今回は歌いませんでしたが、私の好きな「スーパーバイク」をYouTubeからいただいてここに埋め込ませていただきます。

 



 

 山羊 一郎の番と思っていたら、久保 幸治氏お一人ではなく、若いイケメンと二人のユニットではないですか。久保氏の息子さんだそうです。

山羊 一郎 山羊 一郎

 久保氏がエレアコ、息子さんがアコギを弾き、どちらかというと息子さんメインの構成になっていて、久保氏はコーラスに回っています。曲は、息子さんオリジナルのポップ調の曲「たんぽぽ」「蜘蛛の糸」「虹をこえて」「赤トンボ」の4曲を披露されました。

山羊 一郎 山羊 一郎

 私たちはうれしくなって「よかったね。」「次も二人で出てよね。」と声をかけると、「でも、いろいろあるからね。」と複雑な心境をわかってほしいようなことを口にはしながら、やっぱりうれしそうな久保さんでした。

山羊 一郎 山羊 一郎

 次は、NATER(前川 宙之)氏のステージですが、後で出演するDanne the Riddim BandのメンバーからTam-Geeさんも参加して二人で行われました。、NATER(前川 宙之)氏は松岡町生まれで、今は越廼地区で暮らしているそうです。

NATER NATER

 「I say」「Life is a Journey」「今を生きていこう」「ハイホー」のオリジナル4曲を披露されました。

NATER NATER

 Danne the Riddim Bandのメンバーから参加したTam-Geeさんのルックスが、私の偏った見方でしょうかエライPOPな感じなのですが、今回小ざっぱりさせてきただけのようで、ひげを伸ばしたモロ”Reggae”といういでたちのTam-Geeさんの時もあるようです。

Tam-Geeさん Tam-Geeさん

 だいもんてつじ(大門哲爾:浄土宗寺院善導寺の副住職)さんは、ご自分で「大野の”歌うお坊さん”をやってます。」と自己紹介していました。

だいもんてつじ だいもんてつじ だいもんてつじ だいもんてつじ

 「田舎者」「トイレ以外の神様」「魂の応援団」「何のために生きているのか」の計4曲を披露されました。

だいもんてつじ だいもんてつじ だいもんてつじ だいもんてつじ

 「魂の応援団」をYouTubeにUPさせていただきましたのでご覧ください。

 

 日本語レゲエでgrooveし、あらゆるものに対する感謝の心を歌いつづる MAMAHI with Danne the Riddim Band の出番となりました。

MAMAHI with Danne the Riddim Band MAMAHI with Danne the Riddim Band

 娘さんをおんぶしたままステージ上でヴォーカルをつとめるMAMAHI(三好 賢姫 みよし たかひ)さんは、輝くような笑顔で歌いながら私たちに語りかけてきます。

MAMAHI with Danne the Riddim Band MAMAHI with Danne the Riddim Band

 EQ(三好 雅昭 みよし まさのり)さんは、常に体を揺らしてリズムをとりながらベースを弾いています。

MAMAHI with Danne the Riddim Band MAMAHI with Danne the Riddim Band

 Tam-Geeさんは、NATERさんと出演した時と同様、冷静にメロディを奏でている感じでした。
 「ようこそ地球に」「あなたがいる」「ミスティック・ウーマン」「真っ直ぐな気持ち」の4曲を披露されました。

MAMAHI with Danne the Riddim Band MAMAHI with Danne the Riddim Band

 世界平和を希求するライフスタイルでメッセージのこもった歌を全国、海外まで出かけて人々に届ける家族バンド THE FAMIRY が今年も大トリを務めます。

THE FAMILY THE FAMILY

 お父さんのBIN(村本 敏)さんがヴォーカル兼ギターをつとめます。

THE FAMILY THE FAMILY

 お母さんのSAYURIさんは、ジャンベとコーラスを受け持ちます。

THE FAMILY THE FAMILY

 息子さんのMYUさんは、ベースとコーラスを担当します。
 「One Love」「Imagine」「this is a family」のあと、みんなで「BON踊り音頭」を踊りました。そして最後に、これもみんなで「平和の唄」を歌いました。

THE FAMILY THE FAMILY

 手作り感たっぷりの里祭り兼コンサートは、終始アットホームなにぎやかさを保ちながら盛り上がっていきました。
 また、来年もここに集えることを祈ります。ありがとうございました。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

尾野 玲子 サマーコンサート



 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ にほんブログ村

 尾野 玲子 サマーコンサートのスタッフをしました。

  日時  2017年8月19日(土)午後2時~
  場所  尊光寺 本堂
       福井県勝山市本町2-9-4

 福井県勝山市にあるお寺の本堂で、尾野 玲子氏のコンサートが開催されました。

ポスター

 コンサート会場となる尊光寺の敷地は、えちぜん鉄道勝山駅からショッピングセンターのサンプラザ方面へ向かう大通りに面していますが、そちらから自動車が入れる道はありませんでした。

大通りから見た尊光寺

 大通りから入った通り沿いの人家と人家の間の少し狭くなった進入路を通って境内にアプローチします。このため、お知らせの掲示板は、この進入路の脇に設置されています。

アクセス道から尊光寺を臨む 尊光寺からのお知らせ

 進入路の途中からも尊光寺を拝しながら、正面にたどり着きました。

アプローチから尊光寺を見る 尊光寺正面

 大きなお寺の大きな本堂の正面に立つとその大きさと荘厳なたたずまいに圧倒されます。受付コーナーはもう準備が整っていました。

本堂正面 受付準備完了

 本堂内正面の一段高くなっているスペースをステージとして利用する計画です。尾野 玲子氏もあとでおっしゃっていましたが、歌う人は仏様にお尻を向ける格好になるんですね。ご住職からあらかじめ仏様にはよくよくご説明申し上げてあるんだろうとは思いますが。

ステージ正面 ステージ近景

 メインスピーカーに、JBL EON 515XTを一対向使用しています。

メインスピーカー JBL EON 515XT

 JBL EON 515XT のレビューとスペックは、当ブログの「はつらつママさんバレーボールin大野その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 ころがしモニターに、MACKIE SRM350を置いています。ヴォーカルマイクには、SHURE SM58を使用しています。

MACKIE SRM350 SHURE SM58

 MACKIE SRM350のレビューとスペックは、当ブログの「第30回大野市福祉ふれあいまつり part1」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 SHURE SM58のレビューとスペックは、当ブログの「六呂師高原アルプス音楽祭2014~その2~」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 PAブースです。

PAブース

 ミキシングコンソールにYAMAHA MGP16Xを使用しています。エフェクター類は、一番上がFURMAN POWER CONDITIONER MODEL M-8Lです。次がNEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤー、YAMAHA GQ1031BⅡが2台、Behringer コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200、YAMAHA REV500、ART HQ-231 と続きます。

YAMAHA MGP16X エフェクター類

YAMAHA MGP16X のレビューとスペックは、当ブログの「結の故郷 越前おおの 新そばまつり2016 その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。  NEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤーとYAMAHA REV500とART HQ-231のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。  Behringer コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200 のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。  

 



 

 さあコンサートがいよいよ始まります。はじめに尊光寺住職の奥様がごあいさつをされました。

奥様あいさつ 奥様あいさつ

 続いて、尾野 玲子氏があいさつされました。

尾野 玲子氏ごあいさつ 尾野 玲子氏ごあいさつ

 そして、コンサートが始まりました。

歌う尾野 玲子氏 歌う尾野 玲子氏

 第1部は、「パリの空の下」「浜辺の歌」「わたしのふるさと(オリジナル曲)」「野ばら」「いつもそばに(オリジナル曲)」「夜のタンゴ」「泣かないでアルゼンティーナ」と7曲を、トークを交えながら歌われました。

歌う尾野 玲子氏 歌う尾野 玲子氏

 休憩を挟んで第2部も、尾野 玲子氏は切々と思いを込めて歌い続けました。

歌う尾野 玲子氏 歌う尾野 玲子氏

 「赤とんぼ」「ふるさと」「千の風になって」「弥陀の名号となえつつ」「百万本のバラ」「水に流して」「愛の讃歌」を歌い上げられましたが、感動したお客さんはこのまま終了することが受け入れられずアンコールの拍手が鳴りやまないので、アンコール曲として「弥陀の名号となえつつ」を再度歌われました。

歌う尾野 玲子氏 歌う尾野 玲子氏

 翌月の9月9日(土)に大野市でもコンサートを開かれるとのことで告知されていましたが、実は、チケットがほぼSold Outされていたそうです。多くのファンの皆さんとお御堂で開くというアットホームなコンサートは、またひとつ心に残る思い出となりました。

次回コンサートの開催チラシ



 

 おまけとして当日収録した動画を数曲分掲載しました。お楽しみください。

 

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ

黒谷観音第18回星の下コンサート



 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ
にほんブログ村

 黒谷観音第18回星の下コンサートのスタッフをしました。

  日時  2017年8月11日(祝)午後7:00~
  場所  国生山佛性寺黒谷観音 境内

       福井県大野市下黒谷18−52

  主催  黒谷観音星の下コンサート実行委員会
  後援  福井新聞社、FBC福井放送、福井テレビ

 大野市下黒谷にある黒谷観音の境内で星の下コンサートが開かれました

黒谷観音第18回星の下コンサートポスター

 参道前の駐車場に車を置いて、門柱の前から参道を伺います。

参道前駐車場 参道入り口

 参道入り口門柱に施設名が彫ってあるので、迷いなく参道に歩を進めることができます。

参道入り口門柱 参道入り口門柱

 黒谷観音に関する由来などを説明している掲示物があります。

由来説明掲示 看板

 参道に入るとすぐに橋が架けてあり、次に数段の階段があります。

参道の橋 参道

 それらをやり過ごして参道を歩きます。

参道 参道

 さらに歩き続けると、先の方に階段が見えてきました。

参道 参道

 その階段もまた長いものでズンズン登っていきます。そうするとやっと門のような建物に辿り付きます。長い参道ですが、もう厳かな雰囲気たっぷりのロケーションです。

参道の階段 参道終点

 門をくぐるとその先の境内はこじんまりしていてすぐに本殿に着きます。お参りをしている方がいらっしゃいます。

本殿 お参り

 



 

 星の下コンサートの受付の設営が完了していました。間もなく日が暮れて一気に辺りは暗くなり、照明がないと何も見えません。

受付 本番直前の会場

 音響機材も準備が完了しました。メインスピーカーのJBL EON 515XTが一対向とサイドモニターのYAMAHA MS60Sがスタンドで立ててあります。

JBL EON 515XT YAMAHA MS60S

 JBL EON 515XT Self Powered Loudspeaker のレビューとスペックは、当ブログの「はつらつママさんバレーボールin大野その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 YAMAHA MS60S のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 マイクロフォンのSHURE SM57とSHURE SM58がいくつか立ててあります。

SHURE SM57 SHURE SM58

 SHURE SM57 のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 SHURE SM58のレビューとスペックは、当ブログの「六呂師高原アルプス音楽祭2014~その2~」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 ドラムスにはAKG C391B 2本を、MCにはSOUND PURE model 8011Ⅱを使用するようです。

AKG C391B SOUND PURE model 8011Ⅱ

 AKG C391B のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 SOUND PURE model 8011Ⅱのレビューとスペックは、当ブログの「第52回越前大野名水マラソン~その1~」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 マルチケーブルでステージからは入力を8本引き入れています。PAブースもスタンバっています。

マルチケーブル PAブース

 ミキサーはYAMAHA MGP16Xで、その横にエフェクター類がラックマウントされています。
 一番上からSOUND PURE 8000シリーズ専用高品質チューナーセット、NEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤー、Behringer コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200、YAMAHA REV500、ART HQ-231 、一番下に、YAMAHA GQ1031BⅡが2台です。

YAMAHA MGP16X エフェクター類

YAMAHA MGP16X のレビューとスペックは、当ブログの「結の故郷 越前おおの 新そばまつり2016 その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 SOUND PURE ワイヤレスマイク受信機 8000シリーズ専用高品質チューナーセットのレビューとスペックは、当ブログの「第52回越前大野名水マラソン~その1~」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 NEU PRO CDMP3-01U メディアプレーヤーとYAMAHA REV500とART HQ-231のレビューとスペックは、当ブログの「もう最高! クリスマス コンサート 2014 in 勝山ニューホテル その3」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 Behringer コンプリミッター COMPOSER PRO MDX2200 のレビューとスペックは、当ブログの「さかだに雪まつりvol.8」のページでご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

 LEDライトをメインのステージ照明に置き、SCENE SETTERでオペレートする準備がしてあります。

LEDライト SCENE SETTER

 



 

 さあ、コンサートの始まりです。MCの石田 芳子(いしだ よしこ)氏が口火を切って、スタートします。

MC 石田 芳子(いしだ よしこ)氏 MC 石田 芳子(いしだ よしこ)氏

 最初に、当黒谷観音の笹川 浩仙(ささかわ こうせん)方丈が歓迎のごあいさつをされました。続いて、吉田 義之(よしだ よしゆき)実行委員長があいさつをされました。

笹川 浩仙(ささかわ こうせん)方丈 吉田 義之(よしだ よしゆき)実行委員長

 地元の太鼓グループ「楽太鼓」の演奏が始まりました。女性メンバーも半数くらいを占める大所帯のグループで、太鼓の数も多いので迫力満点の太鼓の演奏が楽しめました。

楽太鼓 楽太鼓

 そして、今回のメインイベント O’rio Funbers(オリオ フンバーズ)の演奏が始まりました。

O'rio Funbers

 サックス奏者がお二人と思っていたら、それぞれ少し種類が異なるようで、こちらは少し大きい、そして低い音域を奏でておられましたが、低音のシブい音がイイですネ。

柴山佳樹さん 柴山佳樹さん

 後方で大きなウッドベースを弾きながら、MCもされておられるステキな帽子のシブヤさんです。

渋谷 修一さん 渋谷 修一さん

 通常、一番目立つ立場の時が多いと私は思っているエレキギターを後方で座って弾いておられるので意外でした。

高尾 幸雄さん 高尾 幸雄さん

 季節感のある帽子をかぶっておられました。ジャズならではのスネアドラムをこする音がヨかったです。

石田 和裕さん 石田 和裕さん

 トロンボーンも管楽器の中では落ち着いた役どころかと思いきや、ソロ演奏ではアクティブな側面も垣間見せていただけました。

小椋 賢次さん 小椋 賢次さん

 こちらのサックスの、やはり一番艶っぽい音色でメロディーを奏で、聴いている者をクラッと酔わせるところが魅力です。

野寺 政広さん 野寺 政広さん

 そして、響きのいい直線的な音も、短く切ってなだらか曲線をなめても、トランペットはいつもカッコイイですね。

前田 欣弘さん 前田 欣弘さん

 「There Will Never Be Another You」「雨にぬれても」「Sway」「Summer Time」「ジョージアオンマイマインド」「ブルームーン」「ムーンライト・セレナーゼ」「ライブインテネシー」などお馴染みのナンバーのほか、オリジナル曲「Passionate Night」「Waiting for your here」も披露されました。お客さんも満場の拍手で応え、すばらしいコンサートの夜となりました。

O'rio Funbers

 このすてきな集会が来年もまた開催され、今回のように素晴らしいライブを楽しむことができたらいいなと思います。実行委員の皆さん、出演者の皆さん、ありがとうございました。

掲示板

 

 おまけとして動画を掲載しました。お楽しみください。

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ