「女性ヴォーカル」タグアーカイブ

JB ORGA BAND Smooth Funky Xmas at Cafe Rag Time Classics

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

越前市のCafe Rag Time ClassicsでJB ORGA BANDによるCristmasライブがありました。

告知ポスター

日 時 2017年12月24日(日)open 18:00/start 18:30
場 所 Cafe Rag Time Classics 福井県越前市幸町4-7
入場料 一般 2,500円 高校生以下1,000円
       (いずれも1ドリンク付)
出 演 JB ORGA BAND

      & SPECIAL GUEST 小山 真澄、柴田 かおり

 待ちに待ったJB ORGA BANDのライブです

 第1部、何曲か演奏された後にゲストヴォーカルの柴田 かおりさんが加わってツインヴォーカルの掛け合いも楽しませていただきました。

JB ORGA BAND JB ORGA BAND with 柴田 かおり

 ピアノ、キーボードのEiji Tazaki氏です。

Eiji Tazaki氏 Eiji Tazaki氏

 ドラムスのTomosuke Uesaka氏です。

Tomosuke Uesaka氏 Tomosuke Uesaka氏

 ギター Kuni Nakayama氏です

Kuni Nakayama氏 Kuni Nakayama氏

 ベースのNobuyuki "hugsy"Ozawa氏です。

Nobuyuki "hugsy"Ozawa氏 Nobuyuki "hugsy"Ozawa氏

 ヴォーカル JB ORGA氏です。

JB ORGA氏 JB ORGA氏

 そして、第1部のゲストヴォーカルで参加された柴田 かおり氏です。小柄な体からパワーあふれる歌声が印象的でした。

柴田 かおり氏 柴田 かおり氏

 第1部の曲をYouTube動画でお楽しみください。

「This Christmas」

「サンタが街にやってくる」

「The Cristmas Song」

「Give Love on Christmas Day」

「Super Star」

「Endless Love」

「You’ve Got A Friend」

「Isn’t She Lovely」

「Imagine」

 

 

 そして、第2部はJB ORGA BANDの皆さんそろって、光る眼鏡を装着し、JB ORGA氏はシューズまで光るものに履き替えて登場。

JB ORGA BAND JB ORGA BAND with 小山 真澄

 その後2曲目から小山 真澄氏が加わって、ますます盛り上がっていきます。

小山 真澄氏 小山 真澄氏

 第2部の曲をYouTube動画でお楽しみください。

「White Cristmas DISCO」

「It’s Time to Party Now」

「Play That Funky Music」

「I Got You」

「That’s The Way of The World」

「September~Let’s Groove」

「Stand by Me」

 

 街じゅうがクリスマス色いっぱいに盛り上がっているイブの夜に、Funkyなノリに全身がリズムを刻み踊りだす素敵なライブを堪能させていただきました。JB ORGA BANDの皆さん、Cafe Rag Time Classicsのマスター、ゲストの小山 真澄さん、柴田 かおりさん、このライブ開催を支えてくださった皆さん、それと一緒に盛り上がってくださったお客さんたちに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。また、来年も、ここに集まって素晴らしいクリスマスを過ごしましょう。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

お問合せ

Female Vocal Rock LIVE at Bar STYLE

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

越前市のBar STYLEで女性ヴォーカルのユニットによるライブがありました。

Female Vocal Rock LIVE at Bar STYLE

日 時 2017年12月16日(土)open 19:00/start 19:30
場 所 Bar STYLE 福井県越前市千福町627
入場料 オーダーチケット2,000円分に換金

出 演 E-dim、C-Take、NOBECCA

1 C-Take

 最初は、C-Takeの出番でした。イベントタイトルどおり女性のヴォーカルで、このバンドはコーラスも女性です。しかし、パンチのある歌声が私たち聴衆をノセてくれました。

ヴォーカル コーラス兼パーカッション

 楽曲は、特定のミュージシャンにこだわらず、おなじみのナンバーをチョイスして全9曲を歌い上げられました。
  サイモンとガーファンクル「Mrs.Robinson」
  アメリカ「Tin Man」
  Boney M.「SUNNY」
  シンディ・ローパー「Girls just wanna have fun」
  ボニー・レイット「Love me like a man」
  ローリング・ストーンズ「Gimme Shelter」
  ビートルズ「I saw her standing there」
  ローリング・ストーンズ「Brown Sugar」

  ドゥービー・ブラザーズ「Listen to the Music」

 男性陣は、ベースとギターです。ギターは、Tight but looseのメンバーでもあるJ・S(佐藤 淳一)さんですね。

ベース ギター 佐藤 淳一氏

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 

2 E-dim

 松田 美空さんと松田 美空さんをを囲むおじさん達のバンドという趣旨で、「E-dim(Eディミニッシュ)」という名称にしたそうです。ミとソとラ#の和音でE-dimだそうです。これだと、おじさんはともかく松田 美空さんが抜けると成り立たないバンドだってことになりますね。
 ヴォーカルの松田 美空さんです。カワイイ女の子とド迫力の歌声のギャップも数ある魅力のうちの一つとして挙げられる素敵なシンガーです。

松田 美空氏 松田 美空氏

 ギターのヘイユー吉田(吉田 正博)さんです。全曲、吉田さんのリードギターが堪能できるパートがあって盛り上がります。

ヘイユー吉田(吉田 正博)氏 ヘイユー吉田(吉田 正博)氏

 ベース兼コーラスの秦 康三さんです。堅実に刻むベースのリズムと彼のコーラスが美空さんの歌をより魅力的に仕立て上げていきます。

秦 康三氏 秦 康三氏

 ドラムスの一橋 透さんです。ハードロックに不可欠なパワフルなドラムスで会場全体のテンションが一気に高まります。

一橋 透氏 一橋 透氏

 本日のセットリストです。
 「きよしこの夜~Honey Dripper」
 「美人薄命」
 「ああ無情」
 「One Step」
 「Woman」
 「六本木心中」
 「Finish!!」

 「夢見る少女じゃいられない」

 全曲ではありませんが、以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

 

 

3 NOBECCA

 ヴォーカルのルッコさんです。パワーあふれる熱唱を聞かせてもらえます。でもトークになるとその迫力が影をひそめ、カワイイ女性のおしゃべりで癒されます。

ルッコさん ルッコさん

 ドラムスのマッキー(自称「ドラムスコ」)さんと、ベースの下出 範恭さんです。

マッキー(自称「ドラムスコ」)さん 下出 範恭氏

 キーボード兼コーラスの大島さんとギターのマツダさんです。

大島さん マツダさん

 本日のセットリストです。
 「opening~OLIVE~WHEN A WOMAN LOVES A MAN」
 「CHEAP HIPPIES」
 「Maybe Tomorrow」
 「ラブ イズ Cash」
 「VIRGINITY」
 「WHITE CHRISTMAS~フレンズ」
 「ラズベリー・ドリーム」

 「Bottom Line」

 こちらも収録できた動画を掲載しましたので、ゆっくりご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリスマスパーティとしての盛り上がりと、各ユニットの実力発揮の場としての緊張感が掛け合わさって、会場が一体となり片時も目の離せない素晴らしいライブになりました。主催者の皆さん、冴木 隼人さん、Bar STYLEさん、出演者の皆さん、ありがとうございました。来年も、ここで盛り上がりましょう。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

お問合せ

YUMEYA LIVE 2017 “I’m Home” 西行 美咲



 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ にほんブログ村

 

越前大野のYUMEYAでライブがありました。

  YUMEYA LIVE

日 時 2017年11月19日(日)開場 16:30/開演 17:00
場 所 YUMEYA 福井県大野市高砂町11-11 0779-65-6884
入場料 投げ銭(ドリンク別)
出 演 西行 美咲ぽていと、松田 純平

 

 西行 美咲氏がライブ開始の挨拶をし、そのまま本日のOA(オープニングアクト)松田 純平(まつだ じゅんぺい)氏の紹介をしています。

西行 美咲氏あいさつ 松田 純平氏の紹介

 オープニングアクトを請け負った松田 純平氏です。少し緊張してながらもトークを交えて3曲歌い、しかも3曲目は初のオリジナル曲発表という、自身の音楽人生にとっても大きな節目を、この機会にブッこんでこられました。さらに曲のタイトルは「まだ決めていない。」とのことで...

松田 純平氏 松田 純平氏

 set list
   「飾りじゃないのよ涙は」
   「ストレンジカメレオン」with ぽていと
   「Junpei My Road(仮称)」

 

 



 

 旅人のぽていとさんは、西行家に宿泊させていただきながら、西行家のご両親とたくさんお酒をごちそうになったそうで、声が十分出なくなったと言いながら、5曲披露されました。が、実は2曲目の後に飛び入り助っ人参上として、西行みゆき氏(本日ライブのメインである西行 美咲氏のお母さん)が、ぽていとさんの調子のよくない喉をカバーするという大義を背負い、さっそうとステージに現れ大野弁丸出しながら美しい声で自慢の喉を思いっきり披露され、心底納得されているご様子でした。

ぽていと ぽていと

 set list
   「海の声」
   「Life Train」
   「真夏の夜の夢」〔ヴォーカル:西行みゆき〕
   「角(かど)」
   「散歩」
   「僕らが旅に出る理由」

 

 



 

 そして西行 美咲氏の登場です。ステージに立ちながらも間近によく知っている人の顔が見えることに気おされて多少緊張気味の様子でしたが、「東京で一人暮らしをしていて」と言った途端「エー!」というお客さんの突っ込みでリラックスされたのでしょうか、その疑問符への反応をスッ飛ばして自分のギターがきれいだと言われたことに話題を変え、そしてオリジナル曲の紹介とともに歌い始められました。

西行 美咲氏&ぽていと 西行 美咲氏

 set list
   「奏(かなで)」
   「鏡草(かがみぐさ)」
   「畦道時折(あぜみちときおり)」
   「ホタル」
   「三日月」
   「丸の内サディスティック」
   「Rain」
   「ホーム」

 

西行 美咲氏 西行 美咲氏

 

 若い女性が地元から遠く離れた東京で暮らし、ご両親はご心配のことでしょう。しかし、こうしてオリジナル曲を片手にライブ出演に帰省された元気なお姿を見て、ホッと安心とされた方々も多いのではないでしょうか。うれしくて楽しい音楽会になりました。

 

 和気あいあいのうちに里帰りライブを楽しませていただきました。主催者の皆さん、YUMEYAさん、出演者の皆さん、このライブを支えてくださった皆さん、ありがとうございました。次回また、ここでお会いしましょう。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

PVアクセスランキング にほんブログ村    

お問合せ

第34回 福井矯正展



 

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ にほんブログ村

 

第34回 福井矯正展が開催されました。

開催日時  2017年9月23日(土) 9:30~16:00
場   所  福井市一本木町52

主  催  福井刑務所、福井少年鑑別所
共  催  公益財団法人矯正協会刑務作業協力事業部、
       全国の各刑務所
       さかいケーブルテレビ、福井県更生保護女性連盟
催事内容  刑務所作業製品の展示販売
       矯正広報コーナー、BBS(体験コーナー)、
       JAF(こども免許コーナー)、
       更生保護女性連盟(バザーコーナー)、バルーンアート、
       フードコーナー
イベント  やわらぎ木田認定こども園(児童演技)、
       北陸高等学校(和太鼓演奏)、
       The Rockabeats(バンド演奏)、
       羽水高等学校吹奏楽部(吹奏楽演奏)、
       羽水高等学校合唱部(合唱発表)

チラシ

 初めて福井矯正展を訪ねました。「開場時、入場口に人が並ぶ。」と聞いたので、少し早めに着いたつもりでしたが、すでに入り口前が黒山の人だかりで、その盛況ぶりは想像をはるかに超えていました。

開場前の景色 入場口前の混雑

 混雑した中で開場を待つ間、会場内の配置図が飾ってあるので、それを見て...作戦を練らなければならないのですが、何せ初めて来たので、どういう優先順位で、何を狙えばいいのかわからないまま配置図を見ていました。

入場口前の混雑 会場配置図

 さあ、開場しました。場内にも配置図があったり、バザーはこっちだと誘う看板あったり、他の入場者の方々はそれぞれ目的はあるようなのですが...。

会場配置図 案内板

 各テントを見て歩くと、配置図のとおり他の地域の刑務所での製品を販売しています。

名古屋刑務所 岡崎医療刑務所

 そして、フードコーナーもあり、そばののぼり旗を見て近づくと、大野市の下庄倶楽部が出店しているではないですか。当ブログの「結の故郷 越前おおの 新そばまつり2016 その1」でも紹介していますが、見覚えのあるスタッフもいらっしゃいます。焼き鳥店の火の鳥も、今年7月22日~23日の「森の駅 サンソン サマーフェスティバル 2017」でおいしい焼き鳥をいただいたところです。

下庄俱楽部 火の鳥

 おいしそうなクレープのお店もありました。そして、また、他県の刑務所製品の展示即売が続きます。

クレープ店 富山刑務所

 お隣石川県の刑務所や笠松刑務所とは聞いたことがないですが、岐阜県の刑務所なんだそうです。

金沢刑務所 笠松刑務所

 三重県の刑務所かと思ったら、協賛業者の販売コーナーもありました。

三重刑務所 協賛業者

 生鮮野菜も販売してました。これをスゴいなあと思いながら通り過ぎて建物の中に入ると更生保護女性連盟のコーナーがあって、実はここが、さっきの「バザーはあちら」の案内先だったんですね。シーツやタオルなど生活雑貨がバザーのレベルの単価で販売されていて、入り口前の黒山の人だかりの半分はここに来ているのではないかと思えるぐらい大勢のご婦人が集まっていて、都会のデパートのバーゲンセール状態で、一度入り込むと人波に揉まれて身動きもできないくらいに押しくらまんじゅうをしていました。

野菜販売 更生保護女性連盟

 その建物の中でも他県の刑務所の製品販売コーナーや協賛業者のコーナーもありました。

岐阜刑務所 協賛業者

 JAFがこども免許証づくりのコーナーを開設していました。どのコーナーにも来場者が興味深げに物色したり、お気に入りの一品を購入したりしていて、このイベントの人気ぶりが伝わってきます。

JAF JAF

 



 

 広場の方では、イベントのタイムスケジュールが掲示され、ステージエリアを表す緋毛氈が敷かれています。

イベントのご案内 イベント会場

 頃合いを見計らってMCのお姉さんがステージイベントの開始をアナウンスしています。

MCのお姉さん MCのお姉さん

 スマホを取り出し撮影準備を整えた保護者がステージに少しずつにじり寄ってきました。と、同時に園児が入場してきました。

集まってきた保護者 入場してきた園地たち

 やわらぎ木田認定こども園の年長児 らいおん組の園児たちが練習の成果を披露します。

やわらぎ木田認定こども園 らいおん組 やわらぎ木田認定こども園 らいおん組

 「鼓舞太鼓」の勇壮な演技の後、今度は「ハピネスダンス」で盛り上がりました。

やわらぎ木田認定こども園 らいおん組 やわらぎ木田認定こども園 らいおん組

 かわいい演技を動画でお楽しみください。

 続いて北陸高等学校の和太鼓部の演奏です。まず部員数の多いところがすごいですね。太鼓は迫力が魅力の一つですが、人数が多いとその点はクリアし易くなります。そして、女子部員が多いのも魅力です。

北陸高校和太鼓部 北陸高校和太鼓部

 勇壮な雰囲気の衣装だけでなく、カラフルできれいな衣装に変化するところも見せ、横笛隊も構成しバリエーション豊かな太鼓演奏で来場者の目を引き付けていました。

北陸高校和太鼓部 北陸高校和太鼓部

 すばらしい演奏を1曲ご覧ください。

 次は、大人のオールディーズバンド The Rockabeatsの出番となりました。

The Rockabeats

 ギター、ベース、キーボード、ドラムスの演奏に、きれいな衣装のポニーテール女子がツインヴォーカルで踊りながら60’sを中心に歌うバンドで、中高年のお客さんが喜ぶような曲目を一気に何曲も繰り出します。

The Rockabeats The Rockabeats

 chieさんは、今年で8年目の矯正展出演だそうです。伸びの良い高い声でオジサマたちの心臓を鷲掴みにします。

chieさん chieさん

 助っ人ヴォーカルのma-yaさんがピンクの衣装とポニーテールの似合ういでたちで、エンタメ振りをここぞと発揮しています。

ma-yaさん ma-yaさん

 こちらも助っ人のベース Takaさんです。メンバーのヒロシが欠場するところを弟のTakaさんが穴埋めとは、仲の良い兄弟です。

Takaさん Takaさん

 キーボードのMakoさんです。ロックンロール系の曲に合わせて体を揺らしながらキーボードを弾き、時折キュートな笑顔を見せてくれます。

Makoさん Makoさん

 Stick.K(河井 明久氏)が、常に冷静にかつ熱くビートを刻んで、二人の美人ヴォーカルが歌い上げる様々な恋のシチュエーションをしっかり支えます。

Stick.K(河井 明久氏) Stick.K(河井 明久氏)

 そして、ギターのジャンさんが間奏でカッコイイ旋律を弾いて、ヴォーカルの女性二人を煽ります。

ジャンさん ジャンさん

 「ロコモーション」「すてきな16才」「ヴァケーション」「カラーに口紅」「ステューピッドキューピッド」「恋のバカンス」「恋のフーガ」「It’s So Easy」「Heat Wave」「The Venus」「キッスは目にして!」そしてアンコール曲として「Let’s Twist Again」と、アッという間に全13曲を歌い上げていました。すてきなThe Rockabeatsのみなさんとノリのいいなつかしい楽曲を堪能できました。次回は、10月14日(土)にLIVE & BAR 13でライブを行うとの告知もされていました。

chieさんとma-yaさん

 The Rockabeats の一度見たら次回も見に行きたくなる素敵なステージパフォーマンスを1曲お楽しみください。

 次のプログラムは、羽水高等学校の合唱部です。男子7名、女子3名の構成で、すてきな歌声が聴衆を物語の中へ誘っていました。

羽水高等学校合唱部 羽水高等学校合唱部

 「You Raise Me Up」「Beauty and the Beast」「僕の願い(ノートルダムの鐘)」「いのちの名前」「I Will Follow Him」全5曲を歌いました。

羽水高校合唱部 羽水高等学校合唱部

 心が洗われるような美しい曲を、きれいな歌声を織り合わせて、来場者の心を引き付けていました。

羽水高等学校合唱部 羽水高等学校合唱部

 青いユニフォームの男女の集団が楽器を持ち寄り、BigBandを構成しました。羽水高等学校吹奏楽部の出演です。ほとんど女子という珍しい構成ですが、明るい笑顔を振りまきながら演奏しています。バンド全体の雰囲気がすごく明るいところが魅力の源泉でしょうか。

羽水高等学校吹奏楽部 羽水高等学校吹奏楽部

 「学園天国」「天城越え、つぐない、また君に恋してるメドレー」「にじいろ」「恋」「Funkyイッチョライ」の全5曲。顧問の先生の指揮のもと、楽しく演奏していました。

羽水高等学校吹奏楽部 羽水高等学校吹奏楽部

 手を振ったり、2人ずつ前に出てきて演奏する場面を作ったりと、まず自分たちがすごく楽しんで演奏することがお客さんを楽しませることなんだと体現しているような立派で心温まる演奏でした。

羽水高等学校吹奏楽部 羽水高等学校吹奏楽部

 こちらは少し欲張って2曲UPさせていただきました。ご堪能下さい。

 街なかの刑務所で、様々な製品の販売あり、食ブースあり、楽しいステージありと、秋の一日をがこんなに楽しめるお祭りが身近にありました。また来年もここでお会いできることを楽しみにしています。  

 



 

おまけ
 本文でご紹介しませんでしたが、ほかにも収録した動画をここで紹介します。ぜひクリックしてお楽しみください。

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。  

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ