「ロック」タグアーカイブ

Book of the moon at No SiDE

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

Live house NoSiDE で ライブ Book of the moon が開かれました。
告知ポスター2

 

日 時 2018年4月21日(土)open 19:00/start 19:30
場 所 Live house NoSiDE 福井県福井市中央1-20-21 林ビルB1
入場料 前売 1,500円 / 当日 2,000円
    HIMATSUBUSHI AWA、W

 

 Live house NoSiDEさんを訪ねるのは初めてです。地図を見ると、建物の前の道はよく通ったところですが、その地下にライブハウスがあるとは全く知りませんでした。

ビル前サイン 入口ドア

 中に入るとステージはすでにスタンバッている様子でした。

NoSiDEのステージ

 出演順の最初はCinema Carburetor’sでした。3ピースユニットなんですね。オリジナル曲を披露され、迫力あるサウンドに圧倒されました。即、「来てよかった。」と思いました。

 ギターのタナカ テツオ氏です。

タナカ テツオ氏 タナカ テツオ氏

 エレキベースは、セキ マサユキ氏です。

セキ マサユキ氏 セキ マサユキ氏

 ドラムスは女性、マエダ イホさんです。ボーイッシュな感じですが、笑うとカワイイ女の子ですね。

マエダ イホさん マエダ イホさん

 セットリストです。
  「Replace」
  「Wonderland」
  「Romanesque」
  「Chaos」

  「Pino to Kio」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 次の出演は砂漠の泪です。

 こちらも3ピースユニットですね。写真は、ドラムスのinoue氏です。ちょっと写真が暗くて見にくいですが...。inoue氏がご自分で「サイケ&ブルースロックバンド」と紹介されていました。初めて見ると、すぐにはわからないですが、実は超カッコイイバンドでした。何度も見に行きたくなりますよ。

inoue氏 inoue氏

 ベースのMiyazi氏です。楽器を引き付け体に密着させて演奏されています。

Miyaji氏 Miyaji氏

 ギター兼ヴォーカルのetsuro氏です。ポーカーフェイスな方ですが、バンドのイメージには合ってると思います。というか、etsuo氏が、このバンドの発起人だそうですので当たり前といえば当たり前かも知れません。

etsuro氏 etsuro氏

 セットリストです。
  「Permanent People」
  「Purple Haze」
  「ElDrado」
  「shangri-La」

  「Muddy」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 三番手は、HIMATSUBUSHI AWAです。主にキャロルの曲をカバーされています。

HIMATSUBUSHI AWA HIMATSUBUSHI AWA

 ヴォーカルのおおチャ氏です。

おおチャ氏 おおチャ氏

 ドラムス兼コーラスのヨッちゃんです。

ヨッちゃん ヨッちゃん

 ベースのやっさんです。やっさんは、ステージ向かって左奥の最も暗い位置に立っていて、写真に撮りにくい、撮っても真っ暗にしか写らない状況でした。大変申し訳ありませんが、人がいるかどうかわからないような写真を無理やり1枚上げさせていただきます。

やっさん

 ギターのナンシー氏です。

ナンシー氏 ナンシー氏

 ギター兼コーラスのサイ氏です。

サイ氏 サイ氏

 セットリストです。
  「Johnny.B.good」
  「ヘイ・タクシー」
  「憎いあの娘」
  「GOOD OLD ROCK’N’ROLL」
  「涙のテディー・ボーイ」
  「ヘイ・ママ・ロックン・ロール」
  「ラスト・チャンス」
  「ファンキーモンキーベイビー」
  「ルイジアンナ」

  「Johnny.B.good~encore~」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 トリは、Wです。ARBの曲をカバーされています。
 アレ?ギターとベースのお二人が椅子に腰かけています。そして、ドラムスの本多 義文氏が見当たりません。本日は、ドラムスがいない状態で、アコースティックな W のステージとなるようです。

W W

 ヴォーカルは奥村 知光氏です。

奥村 知光氏 奥村 知光氏

 ベースの吉田 勝氏です。

吉田 勝氏 吉田 勝氏

 ギターの指岡 市雄氏です。

指岡 市雄氏 指岡 市雄氏

 セットリストです。
  「さらば相棒」
  「魂こがして」
  「淋しい街から」
  「Just a 16」
  「HARD-BOILED CITY」
  「シティギャングシャッフル」
  「HOLIDAY」

  「銃爪」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 個性の強い4グループが競い合うようにヘビイなサウンドを繰り出し、時間が経過していることさえ忘れるほど充実したライブになりました。今回、この素晴らしいライブをつくり上げてくださった出演者のみなさん、Live house NoSiDEの関係者の皆さん、ありがとうございました。
  これからも地元福井の素晴らしいミュージシャンの方々の活動をレポートしていきます。

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 これからも、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

ROCK MAGIC at Bar STYLE

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

越前市のBar STYLEで素敵なライブがありました。

ROCK MAGIC at Bar STYLE告知

 

日 時 2018年3月17日(土)open 18:30/start 19:00
場 所 Bar STYLE 福井県越前市千福町627
入場料 オーダーチケット2,000円分に換金
出 演 ラフロ、NOBECCA

 

 
1 ラフロ

 トップバッターは、ラフロのお二人でした。ベースの男性と女性ヴォーカルの2ピースユニットです。

ラフロ

 ベースの上木 邦俊氏です。ルーパーも使っていろんな音を駆使して伴奏されています。アップの写真を見ると、いかに男前かわかります。

上木 邦俊氏 上木 邦俊氏

 ヴォーカルのNANAさんです。上木氏の伴奏がやはりベース中心ですので、慣れない私が見ているとなぜそこで歌い始めるのかわからないのですが、よく聞くと息ピッタリなんですね。NANAさんかっこいいです。

NANAさん NANAさん

 セットリストです。
  「恋のバカンス」
  「修羅場」
  「やわらかな夜」
  「葉山ツイスト」
  「酒とバラ」

  「You Were Mine」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 途中でお二人の気が合ってないように感じる時があって「仲が悪いのかな。」と思っていると、実はそうではなくて非常に仲の良いお二人なのでした。

ラフロのお二人さん

 

 

2 NOBECCA

 2番手は、NOBECCAの皆さんです。右の写真は、ヴォーカルのrukkoさんです。

NOBECCA rukkoさん

ベースの下出 範恭氏とドラムスの牧田 善規氏です。

下出 範恭氏 牧田 善規氏

ギターの松田さんとキーボードの大島さんです。

松田さん 大島さん

 のっけからノリノリの曲で「GIRL SCHOOL~GIRLS BRAVO!」とメドレーから始まりました。

 いきなり頂点まで盛り上がったところですが、残念ながら私に急用ができ途中退席となりました。次回は、最後まで参加しレポートします。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 これからも、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

お問合せ

Female Vocal Rock LIVE at Bar STYLE

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

越前市のBar STYLEで女性ヴォーカルのユニットによるライブがありました。

Female Vocal Rock LIVE at Bar STYLE
 

日 時 2017年12月16日(土)open 19:00/start 19:30
場 所 Bar STYLE 福井県越前市千福町627
入場料 オーダーチケット2,000円分に換金

出 演 E-dim、C-Take、NOBECCA
 

 
1 C-Take

 最初は、C-Takeの出番でした。イベントタイトルどおり女性のヴォーカルで、このバンドはコーラスも女性です。しかし、パンチのある歌声が私たち聴衆をノセてくれました。

ヴォーカル コーラス兼パーカッション

 楽曲は、特定のミュージシャンにこだわらず、おなじみのナンバーをチョイスして全9曲を歌い上げられました。
  サイモンとガーファンクル「Mrs.Robinson」
  アメリカ「Tin Man」
  Boney M.「SUNNY」
  シンディ・ローパー「Girls just wanna have fun」
  ボニー・レイット「Love me like a man」
  ローリング・ストーンズ「Gimme Shelter」
  ビートルズ「I saw her standing there」
  ローリング・ストーンズ「Brown Sugar」
  ドゥービー・ブラザーズ「Listen to the Music」
 男性陣は、ベースとギターです。ギターは、Tight but looseのメンバーでもあるJ・S(佐藤 淳一)さんですね。

ベース ギター 佐藤 淳一氏

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 

2 E-dim

 松田 美空さんと松田 美空さんをを囲むおじさん達のバンドという趣旨で、「E-dim(Eディミニッシュ)」という名称にしたそうです。ミとソとラ#の和音でE-dimだそうです。これだと、おじさんはともかく松田 美空さんが抜けると成り立たないバンドだってことになりますね。
 ヴォーカルの松田 美空さんです。カワイイ女の子とド迫力の歌声のギャップも数ある魅力のうちの一つとして挙げられる素敵なシンガーです。

松田 美空氏 松田 美空氏

 ギターのヘイユー吉田(吉田 正博)さんです。全曲、吉田さんのリードギターが堪能できるパートがあって盛り上がります。

ヘイユー吉田(吉田 正博)氏 ヘイユー吉田(吉田 正博)氏

 ベース兼コーラスの秦 康三さんです。堅実に刻むベースのリズムと彼のコーラスが美空さんの歌をより魅力的に仕立て上げていきます。

秦 康三氏 秦 康三氏

 ドラムスの一橋 透さんです。ハードロックに不可欠なパワフルなドラムスで会場全体のテンションが一気に高まります。

一橋 透氏 一橋 透氏

 本日のセットリストです。
 「きよしこの夜~Honey Dripper」
 「美人薄命」
 「ああ無情」
 「One Step」
 「Woman」
 「六本木心中」
 「Finish!!」
 「夢見る少女じゃいられない」

 

 全曲ではありませんが、以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

 

3 NOBECCA

 ヴォーカルのルッコさんです。パワーあふれる熱唱を聞かせてもらえます。でもトークになるとその迫力が影をひそめ、カワイイ女性のおしゃべりで癒されます。

ルッコさん ルッコさん

 ドラムスのマッキー(自称「ドラムスコ」)さんと、ベースの下出 範恭さんです。

マッキー(自称「ドラムスコ」)さん 下出 範恭氏

 キーボード兼コーラスの大島さんとギターのマツダさんです。

大島さん マツダさん

 本日のセットリストです。
 「opening~OLIVE~WHEN A WOMAN LOVES A MAN」
 「CHEAP HIPPIES」
 「Maybe Tomorrow」
 「ラブ イズ Cash」
 「VIRGINITY」
 「WHITE CHRISTMAS~フレンズ」
 「ラズベリー・ドリーム」
 「Bottom Line」

 

 こちらも収録できた動画を掲載しましたので、ゆっくりご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリスマスパーティとしての盛り上がりと、各ユニットの実力発揮の場としての緊張感が掛け合わさって、会場が一体となり片時も目の離せない素晴らしいライブになりました。主催者の皆さん、冴木 隼人さん、Bar STYLEさん、出演者の皆さん、ありがとうございました。来年も、ここで盛り上がりましょう。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

お問合せ