「ステージ」タグアーカイブ

Tabby’s Acoustic Hut 2018 Vol.4

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

Tabby’s Guitar & Music で Tabby’s Acoustic Hut 2018 Vol.4 が開かれました。
告知ポスター

 

日 時 2018年5月19日(土)open 18:30/start 19:00
場 所 Tabby’s Guitar & Music 福井県鯖江市丸山町1-2-14
入場料 1,500円 1ドリンク付き
出 演 じゅんぺー、ラフロ、山本道則、ともみん with ヨシケ
    イ、bonito竹内くん坂くん

 

 Tabby’s Guitar & Musicさんを訪ねるのは2回目。まだまだ初心者なので、そおーっと近付いて入り口ドアから店内に進みます。本日は、6グループがご出演とのことで知っている出演者もいることから多少足取りも軽やかに入場料を払いにカウンターへ向かいます。

Tabby's Guitar & Music 告知ポスター

 トップバッターじゅんぺー氏でした。ソロの弾き語りです。氏のステージは、一度、大野市のYUMEYAで拝見しましたが、大野市内にとどまらず県内嶺北のいろんなライブハウスで出演されているようです。ギター片手に一人で武者修行のようで、かっこいいですね。

じゅんぺー氏 じゅんぺー氏

 セットリストです。
  「ストレンジカメレオン」
  「ONE LIFE」
  「スケアクロウ」
  「パトリシア」

  「フソク」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 二番手はラフロ、2ピースユニットです。

ラフロ ラフロ

 ヴォーカルのNANAさんです。超カッコイイです。

NANAさん NANAさん

 拝見するのは2回目ですが、私はゾッコン惚れ込み、ファンになってしまいました。

NANAさん NANAさん

 ベースとルーパーで伴奏を一手に引き受けるJames上木氏です。

James上木氏 James上木氏

 上木氏も、男前で超カッコイイのに、気取らない言動がより親しみを感じて、うれしくなってしまいます。

James上木氏 James上木氏

 セットリストです。
  「思い出は美しすぎて」
  「A Woman Needs Jazz」
  「修羅場」

  「You Were Mine」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 三番手は、山本道則氏とそのお仲間たちです。オリジナルを歌われます。
 私の勉強不足で、山本道則氏の歌は初めての拝聴だったのですが、そのオリジナリティと世界観に感動しました。しかし、山本氏はトツトツとご自分が作られた歌をご自分なりに披露されているだけのおつもりのようで、動画で紹介させてほしいと依頼すると「恥ずかしい。」とおっしゃってましたが、私は堂々と自慢してほしいと感じるすばらしい楽曲の数々でした。

山本道則氏とそのお仲間たち 山本道則氏とそのお仲間たち

 ヴォーカルの山本道則氏は、やさしくつぶやくように、ささやくように歌われます。

山本道則氏 山本道則氏

 カホンの男性です。

カホンの男性 カホンの男性

 キーボードの女性です。

キーボードの女性 キーボードの女性

 セットリストです。
  「水鏡」
  「僕らを乗せて」
  「ロングコートのエリザベス」

  「ペガサスの翼に乗ったジャンヌダルク~ブルース」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 四番手は、ともみん with ヨシケイのみなさんです。
 私は、このユニットでの趣向とは知らず、突然かわいい女性が無断でステージに上がり込んで歌い始める演出を額面どおり受け取っちゃって、ビックリ、ドキドキしてしまいました。この方がともみんさんなんですね。

ともみん with ヨシケイ ともみん with ヨシケイ

 ヨシケイのお二人です。

ヨシケイ

 DEPAPEPEのハイテク楽曲をカバーされていて、そのテクニックのレベルの高さにビックリしました。

ヨシケイ ヨシケイ

 しかし、きさくで親しみを感じるお二人でした。

ヨシケイ ヨシケイ

 セットリストです。
  「NEW」
  「ハナミズキ」
  「ヒカリヘ」
  「月光」

  「Sky!Sky!Sky!」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 五番手は、bonitoのお二人です。
 私は、bonitoさんのステージを拝見するのは2度目ですが、Face Bookで確認できているだけでも相当量のライブをこなされていて「スゴイなあ。」と感じていました。

bonito bonito

 Yu Kieさんです。身近に感じさせてくれる気取りのないトークと引き込まれるような素敵な歌声を余すところなく披露してくださる歌姫です。

Yu Kieさん Yu Kieさん

 小久保嘉人氏も、ライブ活動が大好きなんだろうと思います。自然体で数多く出演されているため、どの会場にいても違和感なく演奏できるのだろうなと感じる熟練ぶりがお客さん側にも安心を与えます。

小久保嘉人氏 小久保嘉人氏

 ここで、次の出番の「竹内くん坂くん」で出演される予定のNoriyuki Saka氏の登場です。素晴らしいギター演奏が加わって、bonitoさんのパフォーマンスがさらに輝きを増します。

bonito with Noriyuki Saka

 セットリストです。
  「Desperado」
  「Nothing’s Gonna Change My Love For You」
  「SAVING ALL MY LOVE FOR YOU」
  「Lady Marmalade(with 坂氏)」

  「Stand By Me(with 坂氏)」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 トリは、竹内くん坂くんです。竹内太三修氏が「自分の仕事の都合で出番を最後にしてもらったが、実力ではとてもトリを務める立場でない。」という趣旨の語りで謙遜されていましたが、誰もその通りだとは思っていないですよね。

竹内くんと坂くん 竹内くんと坂くん

 竹内太三修氏です。Tabby’s Guitar & Musicさんでのライブ回数も多いのだろうと思いますが、ほかの会場でも数多く出演され、ライブ出演に緊張するのでなく、意気込みを感じさせてくれるベテランぶりが、このユニットを初めて拝見する私でも感じました。

竹内太三修氏 竹内太三修氏

 Noriyuki Saka氏です。このユニットでは、スライドギターを演奏されていらっしゃいます。無口で、ステージの進行はすべて竹内太三修氏に任せて伴奏に徹しておられますが、ほかのユニットでも多数のライブハウスで出演されておられるギターの名手ですね。

Noriyuki Saka氏 Noriyuki Saka氏

 セットリストです。
  「Lady Shine On」
  「片想い」
  「ラブソング」
  「ばびぶぶべべ」
  「千年杉」
  「アメイジング・グレイス」

  「泣いてやさしくなれ」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 今回6組と盛りだくさんの企画であり、さらに6組とも経験、実力ともに申し分のない素晴らしい出演者がそろい、超値打ちもののライブとなりました。この楽しいライブをつくり上げてくださった出演者のみなさん、Tabby’s Guitar & Musicさん、ありがとうございました。
  これからも地元福井の素晴らしいミュージシャンの方々の活動をレポートしていきます。

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 これからも、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

Book of the moon at No SiDE

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

Live house NoSiDE で ライブ Book of the moon が開かれました。
告知ポスター2

 

日 時 2018年4月21日(土)open 19:00/start 19:30
場 所 Live house NoSiDE 福井県福井市中央1-20-21 林ビルB1
入場料 前売 1,500円 / 当日 2,000円
    HIMATSUBUSHI AWA、W

 

 Live house NoSiDEさんを訪ねるのは初めてです。地図を見ると、建物の前の道はよく通ったところですが、その地下にライブハウスがあるとは全く知りませんでした。

ビル前サイン 入口ドア

 中に入るとステージはすでにスタンバッている様子でした。

NoSiDEのステージ

 出演順の最初はCinema Carburetor’sでした。3ピースユニットなんですね。オリジナル曲を披露され、迫力あるサウンドに圧倒されました。即、「来てよかった。」と思いました。

 ギターのタナカ テツオ氏です。

タナカ テツオ氏 タナカ テツオ氏

 エレキベースは、セキ マサユキ氏です。

セキ マサユキ氏 セキ マサユキ氏

 ドラムスは女性、マエダ イホさんです。ボーイッシュな感じですが、笑うとカワイイ女の子ですね。

マエダ イホさん マエダ イホさん

 セットリストです。
  「Replace」
  「Wonderland」
  「Romanesque」
  「Chaos」

  「Pino to Kio」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 次の出演は砂漠の泪です。

 こちらも3ピースユニットですね。写真は、ドラムスのinoue氏です。ちょっと写真が暗くて見にくいですが...。inoue氏がご自分で「サイケ&ブルースロックバンド」と紹介されていました。初めて見ると、すぐにはわからないですが、実は超カッコイイバンドでした。何度も見に行きたくなりますよ。

inoue氏 inoue氏

 ベースのMiyazi氏です。楽器を引き付け体に密着させて演奏されています。

Miyaji氏 Miyaji氏

 ギター兼ヴォーカルのetsuro氏です。ポーカーフェイスな方ですが、バンドのイメージには合ってると思います。というか、etsuo氏が、このバンドの発起人だそうですので当たり前といえば当たり前かも知れません。

etsuro氏 etsuro氏

 セットリストです。
  「Permanent People」
  「Purple Haze」
  「ElDrado」
  「shangri-La」

  「Muddy」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 三番手は、HIMATSUBUSHI AWAです。主にキャロルの曲をカバーされています。

HIMATSUBUSHI AWA HIMATSUBUSHI AWA

 ヴォーカルのおおチャ氏です。

おおチャ氏 おおチャ氏

 ドラムス兼コーラスのヨッちゃんです。

ヨッちゃん ヨッちゃん

 ベースのやっさんです。やっさんは、ステージ向かって左奥の最も暗い位置に立っていて、写真に撮りにくい、撮っても真っ暗にしか写らない状況でした。大変申し訳ありませんが、人がいるかどうかわからないような写真を無理やり1枚上げさせていただきます。

やっさん

 ギターのナンシー氏です。

ナンシー氏 ナンシー氏

 ギター兼コーラスのサイ氏です。

サイ氏 サイ氏

 セットリストです。
  「Johnny.B.good」
  「ヘイ・タクシー」
  「憎いあの娘」
  「GOOD OLD ROCK’N’ROLL」
  「涙のテディー・ボーイ」
  「ヘイ・ママ・ロックン・ロール」
  「ラスト・チャンス」
  「ファンキーモンキーベイビー」
  「ルイジアンナ」

  「Johnny.B.good~encore~」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 トリは、Wです。ARBの曲をカバーされています。
 アレ?ギターとベースのお二人が椅子に腰かけています。そして、ドラムスの本多 義文氏が見当たりません。本日は、ドラムスがいない状態で、アコースティックな W のステージとなるようです。

W W

 ヴォーカルは奥村 知光氏です。

奥村 知光氏 奥村 知光氏

 ベースの吉田 勝氏です。

吉田 勝氏 吉田 勝氏

 ギターの指岡 市雄氏です。

指岡 市雄氏 指岡 市雄氏

 セットリストです。
  「さらば相棒」
  「魂こがして」
  「淋しい街から」
  「Just a 16」
  「HARD-BOILED CITY」
  「シティギャングシャッフル」
  「HOLIDAY」

  「銃爪」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 個性の強い4グループが競い合うようにヘビイなサウンドを繰り出し、時間が経過していることさえ忘れるほど充実したライブになりました。今回、この素晴らしいライブをつくり上げてくださった出演者のみなさん、Live house NoSiDEの関係者の皆さん、ありがとうございました。
  これからも地元福井の素晴らしいミュージシャンの方々の活動をレポートしていきます。

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 これからも、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

Tabby’s Into The Hut 2018 Vol.2

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

Tabby’s Guitar & Music で Tabby’s Into The Hut 2018 Vol.2 が開かれました。
告知ポスター

 

日 時 2018年4月14日(土)open 18:00/start 18:30
場 所 Tabby’s Guitar & Music 福井県鯖江市丸山町1-2-14
入場料 2,000円 1ドリンク付き
出 演 Ghost Busters、ARBin、E-dim、NOBECCA

 

 Tabby’s Guitar & Musicさんをお訪ねするのは初めてで、おっかなびっくりで高いところにある看板を目印にたどり着き、味のある入口ドアを開けました。

屋外サイン 入口ドア

 本日は、4つのグループが出演されるとのことで、トップバッターは Ghost Busters という若者4人組のバンドでした。

Ghost Busters Ghost Busters

 ヴォーカルは甘いマスクの彼でした。

Ghost Busters の Vocal Ghost Busters の Vocal

 ギター奏者は、ニット帽を被った、これもかわいいタイプの彼でした。

Ghost Busters の Guitar Ghost Busters の Guitar

 ベースの彼はイケメンですね。

Ghost Busters の Base Ghost Busters の Base

 ドラムスに女性ときました。それもカワイコちゃんです。会場からも多くの声がかかりました。

Ghost Busters の Drums Ghost Busters の Drums

 セットリストです。
  「The M Song」
  「Beek」
  「恋をしようよ」
  「GT400」
  「世界の終わり」

  「Beek~encore~」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 二番手はARBin、ベテランのバンドです。ARBの曲をカバーされています。

ARBin ARBin

 ヴォーカルの北畑 美徳氏です。熱唱されていました。リーゼントがバッチリ決まってて超カッコイイです。

北畑 美徳氏 北畑 美徳氏

 いつの間にか上半身裸になってシャウトされていました。

北畑 美徳氏 北畑 美徳氏

 ギターは、尾形氏です。

尾形氏 尾形氏

 ベースはJames上木氏です。

James上木氏 James上木氏

 ドラムスは筒井氏です。

筒井君 筒井君

 セットリストです。
  「ONE WAY TRIP」
  「HOLIDAY」
  「トラブルド・キッズ」
  「Fight it out!」
  「クレイジー・ラブ」
  「ラ、ラの女」
  「魂こがして」

  「Beek~encore~」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 

 三番手は、E-dim(イーディミニッシュ)です。アンルイスの曲をカバーされています。

E-dim E-dim

 ヴォーカルは松田 美空さんです。見た目はカワイイお嬢さんですが、歌い始めるとパワフルレディに変身されます。

松田 美空さん 松田 美空さん

 ギター奏者は、ヘイユー吉田(吉田 正博)氏です。

ヘイユー吉田氏 ヘイユー吉田氏

 ベース兼コーラスの秦 康三氏です。

秦 康三氏 秦 康三氏

 ドラムスの一橋 透氏です。以下の動画を見ると、オシャレなハットは2曲目までかぶっておられたようです。

一橋 透氏 一橋 透氏

 セットリストです。
  「ラ・セゾン」
  「あゝ無情」
  「Honey Dripper」
  「天使よ故郷を見よ」
  「美人薄明」
  「夢見る少女じゃいられない」
  「In Pleasure」
  「One Step」
  「Finish」

  「Heart Breaker」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 美空さんが曲紹介をしたら客席から「Finishってことは『発射』ってことやね」とヤジが飛び、美空さんがリアクションに困って後ろのメンバーに助けを求めると「次行け、次、次。」と無視するよう促されていましたが、そのさ中NOBECCAの松田さんが「それは違うよね!」と大きな声で言ったので、おかしくって吹き出してしまいました。

 

 トリは、NOBECCAです。レベッカの曲をカバーされています。

NOBECCA NOBECCA

 ヴォーカルはRUKKOさんです。特に、ショルダーキーボードを弾かれるときカッコイイです。

Rukkoさん Rukkoさん

 ドラムスのMACKY(牧田 善規)氏です。ご自分では「ドラムスコでーす。」とおっしゃってます。

MACKY氏 MACKY氏

 ベースのSHIMON氏です。

下出 範恭氏 下出 範恭氏

 ギターのSANAMAN(松田)氏です。

SANAMAN氏 SANAMAN氏

 キーボードのMANA(大島)さんです。

大島さん 大島さん

 セットリストです。
  「GIRL SCHOOL ~ GIRL’S BRAVO!」
  「VIRGINITY」
  「LOVE IS CASH」
  「SMILE ~ OLIVE ~ WHEN A WOMAN LOVES A MAN
                  ~ FRIENDS」
  「MAYBE TOMORROW」
  「SUPER GIRL」

  「RASPBERRY DREAM」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 4組ともハードサウンドを奏でるアツイバンドで、会場の温度が上がりっぱなしでした。今回、楽しいライブをつくり上げてくださった出演者のみなさん、Tabby’s Guitar & Musicさん、ありがとうございました。
  これからも地元福井の素晴らしいミュージシャンの方々の活動をレポートしていきます。

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 これからも、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

FINAL LIVE at LIVE & BAR 13

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ

にほんブログ村

 

The Rockabeats のFINAL LIVE が開催されました。
告知ポスター

日 時  2018年3月31日(土) 19:00open/19:30Start
場 所  福井市中央1-17-15 サンジェルマンビル 4F
入場料  2,000円(1ドリンク付き)

出 演  The Rockabeats 、 Special Guest Johnny & Nari

 とうとうこの日が来てしまいました。女性ヴォーカル Chieさんが無期限活動休止されることになり、同時に The Rockabeats も活動休止となりました。
 The Rockabeats とともにOldiesを楽しんできた仲間たちが集まって、開演前からテンションが高く、記念日とも言えるこの日の瞬間を写真に残そうと、あちらこちらで記念撮影をしている様子が見えます。

開演前の記念撮影 開演前の記念撮影

1 第一部

 The Rockabeats のメンバーも、いわゆる総決算の意味もあり、お客さんとともにライブをとことんまで楽しむつもりの気持ちが会場全体に伝わって、また、お客さんも一瞬たりとも聞き逃すまいとリラックスの中にド緊張が入り混じった超ハイテンションなライブが始まりました。

Chieさん Chieさん

 本日は、FINAL LIVEということで、よく一緒に活動してきたバンドメンバーからの応援も得て、3ステージ展開するとのことです。金沢の Coconnie Oldays!Johnny氏も最初からヴォーカルを務めています。

Johnny氏 Johnny氏

 キーボードのMakoさんです。一番隅で遠慮がちに参加されていますが、身体を揺らしてメロディにノッて演奏されています。伴奏としては、キーボード以外のパートまで幅広く担当されています。

Makoさん Makoさん

 エレキベースのAxs(アックス)氏です。この方も遠慮がちな立ち居振る舞いですが、心底ライブを楽しんでいる様子です。

Axs氏 Axs氏

 エレキギターのJean(ジャン)氏です。間奏は、この方のリードギターの演奏が多いので、そのテクニックを十分楽しめます。

Jean氏 Jean氏

 ドラムスのStick.K(スティック・ケイ)氏です。バンドの一番後ろに陣取って、全体の流れをコントロールされています。

Stick.K氏 Stick.K氏

 第一部のセットリストです。
 「間抜けなキューピッド」
 「オーキャロル」
 「カラーに口紅」
 「ダイアナ」
 「可愛いベイビー」
 「砂に消えた涙」
 「恋の日記」
 「Heat Wave」
 「ヴィーナス」
 「ロックアラウンドザロック」
 「かっこいいツイスト」

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

2 第二部

 第一部では、雰囲気が徐々に盛り上がるどころか一気に最高潮に達し、こんな状態で続くのかと思っていましたが、第二部はさらにノッていって頂点に達しています。
 The Rockabeats のOBも駆け付けておられたので、曲間にステージに上がってもらいお一人ずつ紹介されました。
 ma-yaさんとCherry氏です。

ma-yaさん Cherry氏

 優佳さんと純子さんです。ともにこれまでの The Rockabeats を支えてこられた方々です。

優佳さん 純子さん

 

 第二部のセットリストです。
 「サマータイムブルース」
 「ロコモーション」
 「ヘイポーラ」
 「好きにならずにいられない」
 「ボーイハント」
 「バケーション」
 「恋の片道切符」
 「パイナップルプリンセス」
 「サンライトツイスト」
 「ルート66」
 「ミスターツイスター」

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

3 第三部

 ここで、1曲目から Nariさん(Nariさんが勝山市出身とは知りませんでしたが...)が加わって女性ヴォーカルが二人になり、より華やかでにぎやかしいステージとなりました。

 お客さんもお喜びです。

Nariさん Nariさん

 第三部のセットリストです。
 「思い出の冬休み」
 「ルイジアナママ」
 「ペパーミントラブ」
 「恋のバカンス」
 「恋のフーガ」
 「素敵な16歳」
 「サーフィンUSA」
 「葉山ツイスト」
 「キッスは目にして」
 「レッツツイストアゲイン」
 「ジョニーBグッド」
 「レッツツイストアゲイン~encore~」

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

 熱烈なファンから The Rockabeats メンバーに感謝状が贈られ、最後にChieさんが涙をこらえながらあいさつをされました。

あいさつするChieさん あいさつするChieさん

 その後、記念撮影が行われました。

出演者で記念撮影

 そして、お客さんも参加されて、最後の記念撮影を行いました。

お客さんも入って記念撮影

 本当に名残惜しいFINAL LIVEでした。これまで長い間活動されてきた The Rockabeats とはお別れですが、ファンの皆さんの心の中には永遠の想い出として残ることでしょう。残念ですが、さようなら。そして、これまでたくさんの楽しいライブをありがとうございました。

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

RadS “Rad root Square” Live at Bar jake

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

 

Bar jakeでRadS “Rad root Square”のライブを見てきました。
告知ポスター

 

日 時 2018年3月25日(日)open 18:30/start 19:30
場 所 Bar jake 福井県福井市順化1丁目10-9
入場料 2,000円ドリンク別

 

 

 Bar jakeは、福井市内の繁華街、通称「片町」にありました。ビルの入り口にBar jakeの告知黒板が配置されていました。

ドリームタウン Bar jake メニュー告知

 お店の入り口を開けて中に入るとステージがスタンバッていました。

入口ドア Bar jake 内ステージ

 ほどなく本番前の準備が始まりました。ギターのYoshi TA Takatsuka氏が見えます。

Yoshi TA Takatsuka氏 Yoshi TA Takatsuka氏

 ほぼ同時にベースのShiro Taniguchi氏もセッティングをされています。

Shiro Taniguchi氏 Shiro Taniguchi氏

 ドラムス兼コーラスの吉田 誠氏です。気合いが入ったお顔をされています。

吉田 誠氏 吉田 誠氏

 ギターの坂 としき氏です。

坂 としき氏 坂 としき氏

 女性コーラスの出雲 かおり氏です。

出雲 かおり氏 出雲 かおり氏

 そして、ヴォーカルの中島 祥子氏です。小柄な身体でパワフルに歌唱されます。

中島 祥子氏 中島 祥子氏

 セットリストです。
  「Always There」
  「Your Man , My Man」
  「Hair」
  「Holy Ghost」
  「If I Ever Lose This」

  「Work To Do」

 これよりYouTube動画で当日の雰囲気も含めてお楽しみください。

 女性ヴォーカルと女性コーラスが中心のバンドなのでおとなしめなのかと思っていたらとんでもないハードサウンドを展開されて圧倒されました。凄くノリのいい曲で楽しませていただき、大満足のライブでした。また、ライブ告知をチェックしてお邪魔したいです。RadS “Rad root Square”の皆さんありがとうございました。Bar jakeのマスター芹沢 信治さん、ママさんのNonokAさんありがとうございました。

RadS

RadS

  実は、WIND Jammerというプロのミュージシャンのライブでの出演でしたが、プロの方の取材はマズイだろうと思いRadS “Rad root Square”さんのステージが終わった時点で帰ってきました。これからも地元福井の素晴らしいミュージシャンの方々の活動をレポートしていきます。

 

 このブログをここまでご覧下さりありがとうございました。心から感謝いたします。
 これからも、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

ねこや 新春融雪ロックライブ at 上高島 blues bar Necoya

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ
にほんブログ村

 

上高島 blues bar Necoyaで新春融雪ロックライブが開催されました。

告知画像
 

日 時  2018年1月20日(土) 19:30 Start
場 所  上高島 blues bar Necoya
       〒911-0815 福井県勝山市上高島12−2
入場料  ノーチャージ、ノーチケット

出 演  Mellonescosmic jam
 

 
1 Mellones

 男前だけで編成されたノリノリのロックバンドです。THE ROOSTERSの曲を中心にカバーされています。関西出身の澤村真司氏、野口 正氏、そして勝山の中山泰三氏、加藤吉耕氏の4人で構成されています。今回、曲と曲の間のMCをみんなでやろうという趣向があり、中山氏、加藤氏もマイクを持ってトークを繰り広げてました。たどたどしいけど、人柄に触れられるところは観客としても何か「味わえた」感じもしましたよね。

Mellones

 ヴォーカル兼ギターの澤村 真司氏です。

澤村 真司氏 澤村 真司氏

 ギターの野口 正氏です。

野口 正氏 野口 正氏

 ベースの中山泰 三氏です。

中山 泰三氏 中山 泰三氏

 ドラムスの加藤 吉耕氏です。

加藤 吉耕氏 加藤 吉耕氏

 本日のセットリストです。
 「撃沈魚雷」
 「恋をしようよ」
 「Case Of Insanity」
 「どうしようもない恋の唄」
 「ニュールンベルグでささやいて」
 「Sitting On The Fence」
 「Let’s Rock」
 「テキーラ」
 「LEATHER BOOTS」

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

 

2 cosmic jam

 こちらも男前4名で構成するロックバンドです。オーティスレディング、デヴィッド・ボウイ、フランツ・フェルディナンド、ビートルズなどの曲をカバーされていました。

cosmic jam

 ヴォーカル兼ギターの野呂 将人氏です。

野呂 人氏 野呂 将人氏

 ギターの太田 資裕氏です。

太田 資裕氏 太田 資裕氏

 ベースの養老 伸介氏です。

養老 伸介氏 養老 伸介氏

 ドラムスのHarutoshi Sugikawa氏です。

Harutoshi Sugikawa氏 Harutoshi Sugikawa氏

 本日のセットリストです。
 「Knock on Wood」
 「Starman」
 「Let’s Dance」
 「Something」
 「Do You Want To」
 「BACK IN THE U.S.S.R.」
 「Crazy Little Thing Called Love」
 「Ziggy Stardust」

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 年始から男前揃いの2バンドが熱いパフォーマンスを繰り広げ、幸先の良い一年を迎えました。また、バンド同士お互いリスペクトし合って、それぞれが対バンできることを光栄に感じていると述べているところも清々しく感じられてよかったです。今年も、ここ上高島 blues bar Necoyaで、素晴らしいライブ開催を重ねて、超ハイテンションな年にしていきましょう。本日は、ありがとうございました。

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

座布団ライブ Vol.11 at 蕎麦バー大和

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ
にほんブログ村

 

蕎麦バー大和で座布団ライブ Vol.11が開催されました。
 
開催告知ポスター
 

日 時  2017年12月30日(土) 18:00 Open 19:00 Start
場 所  蕎麦バー大和 〒915-0094 越前市横市町34-14-1
入場料  2,000円(飲食別)
出 演  コミカルファンクトライアド、大和ボーイズ!!!、

StereoKast


 
1 コミカルファンクトライアド

 座布団ライブのスタートは、若手3ピース コミカルファンクトライアドからです。迫力あるインストルメンタルロックバンドの曲をのっけからぶつけて一気にテンションをMAXに持ち上げます。

コミカルファンクトライアド

 ドラムスの正光 祐貴氏ですが、写真が暗くてすみません。ステージの奥の方に配置されているため、やっと誰がいるかわかる程度しかカメラに写りませんでした。彼の甘いマスクに惹かれている女性は多いのではないかと思いますが、これが限度でした。荒川 The Cheetah 和紀氏とともに、年明けには成人式を迎えられるそうです。

正光 祐貴氏 正光 祐貴氏

 ベースの坂口 大季氏です。ぽっちゃりした体型にまんまるのお顔がキュートですが、演奏しているときはダイナミックに体動して一気にカッコイイベーシストに変身します。

坂口 大季氏 坂口 大季氏

 ギターの荒川 The Cheetah 和紀氏です。StereoKastの今堀 良昭氏の弟子だということです。このライブ開始直前に中学校の恩師に出会って見に来ていただいているということで、多少緊張されているのでしょうか?

荒川 The Cheetah 和紀氏 荒川 The Cheetah 和紀氏

 本日のセットリストです。
 「Drop Box」
 「Come together」
 「Josie」
 「Rio Funk」
 「トライアド」

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

 

2 大和ボーイズ!!!

 二番手は、大和ボーイズ!!!です。とにかくたくさんの女性ファンが殺到してステージ前面を占領して、アップテンポの歌では必ず踊っていました。すごい人気です。

大和ボーイズ!!!

 ヴォーカル兼ギターの谷口 学氏とヴォーカルの宮本 義信氏です。このバンドが、本日一番大きい音を出すからと、お客さんにノリノリで聞いてほしいと訴えていました。

Vo.谷口 学氏 Vo.宮本 義信氏

ドラムスの笠島 孝行氏とベースの花島 常教氏です。

Dr.笠島 孝行氏 Ba.花島 常教氏

ギターの清水 政行氏ともうお一人は申し訳ありませんが、お名前がわかりません。小久保 嘉人氏のピンチヒッターでしょうか?

G.清水 政行氏 G.助っ人

 ザ・ブルーハーツなどの曲のメドレー、「Born To Be Wild」「Wherever you are」「リンダ・リンダ」などを披露されました。

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。

 

 

3 StereoKast

 ブルース、ファンク、ジャズ…縦横無尽にギターを鳴らしまくる京都屈指のギタリスト 今堀 良昭氏。様々な打楽器を駆使し音楽を彩る打楽器兄弟、上坂 朋也氏 & 上坂 朋佑氏。そしていぶし銀のグルーヴ&ニュアンスをベースで表現するNobuyuki“hugsy”Ozawa氏。様々なバックボーンから着想を得た多彩なオリジナル曲を中心に、それぞれが求め合い、時に寄り添い、時に爆発するスーパーなバンドサウンドとリズム! StereoKastです。

StereoKast

 ギターの今堀 良昭氏です。

今堀 良昭氏 今堀 良昭氏

 ベースのNobuyuki”hugsy”Ozawa氏です。

Nobuyuki"hugsy"Ozawa氏 Nobuyuki"hugsy"Ozawa氏

 ドラムスのTomosuke Uesaka氏です。

Tomosuke Uesaka氏 Tomosuke Uesaka氏

 パーカッションのTomoya Uesaka氏です。

Tomoya Uesaka氏 Tomoya Uesaka氏

 「Silent Beige」、「jelly fish」、「Red Experience」、「Little Wing」、「Marina」、「Yellow Train」、「Tool Cather」などを演奏されました。

 

 以下にYouTube動画を掲載しましたので、ご覧ください。
 「Silent Beige」

 「jelly fish」

 「Red Experience」

 「Little Wing」

 「Marina」

 「Yellow Train」

 「Tool Cather」

 本日は、熱気あふれる男達のステージで盛り上がりました。これからも、ここ蕎麦バー大和で、超HOTなライブを繰り広げて、私たちの希望に応えてください。本日は、ありがとうございました。

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。  

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

お問合せ

YUMEYA LIVE 2017 “I’m Home” 西行 美咲

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ にほんブログ村

 

越前大野のYUMEYAでライブがありました。

  YUMEYA LIVE

日 時 2017年11月19日(日)開場 16:30/開演 17:00
場 所 YUMEYA 福井県大野市高砂町11-11 0779-65-6884
入場料 投げ銭(ドリンク別)
出 演 西行 美咲ぽていと、松田 純平

 

 西行 美咲氏がライブ開始の挨拶をし、そのまま本日のOA(オープニングアクト)松田 純平(まつだ じゅんぺい)氏の紹介をしています。

西行 美咲氏あいさつ 松田 純平氏の紹介

 オープニングアクトを請け負った松田 純平氏です。少し緊張してながらもトークを交えて3曲歌い、しかも3曲目は初のオリジナル曲発表という、自身の音楽人生にとっても大きな節目を、この機会にブッこんでこられました。さらに曲のタイトルは「まだ決めていない。」とのことで...

松田 純平氏 松田 純平氏

 set list
   「飾りじゃないのよ涙は」
   「ストレンジカメレオン」with ぽていと
   「Junpei My Road(仮称)」

 

 



 

 旅人のぽていとさんは、西行家に宿泊させていただきながら、西行家のご両親とたくさんお酒をごちそうになったそうで、声が十分出なくなったと言いながら、5曲披露されました。が、実は2曲目の後に飛び入り助っ人参上として、西行みゆき氏(本日ライブのメインである西行 美咲氏のお母さん)が、ぽていとさんの調子のよくない喉をカバーするという大義を背負い、さっそうとステージに現れ大野弁丸出しながら美しい声で自慢の喉を思いっきり披露され、心底納得されているご様子でした。

ぽていと ぽていと

 set list
   「海の声」
   「Life Train」
   「真夏の夜の夢」〔ヴォーカル:西行みゆき〕
   「角(かど)」
   「散歩」
   「僕らが旅に出る理由」

 

 



 

 そして西行 美咲氏の登場です。ステージに立ちながらも間近によく知っている人の顔が見えることに気おされて多少緊張気味の様子でしたが、「東京で一人暮らしをしていて」と言った途端「エー!」というお客さんの突っ込みでリラックスされたのでしょうか、その疑問符への反応をスッ飛ばして自分のギターがきれいだと言われたことに話題を変え、そしてオリジナル曲の紹介とともに歌い始められました。

西行 美咲氏&ぽていと 西行 美咲氏

 set list
   「奏(かなで)」
   「鏡草(かがみぐさ)」
   「畦道時折(あぜみちときおり)」
   「ホタル」
   「三日月」
   「丸の内サディスティック」
   「Rain」
   「ホーム」

 

 若い女性が地元から遠く離れた東京で暮らし、ご両親はご心配のことでしょう。しかし、こうしてオリジナル曲を片手にライブ出演に帰省された元気なお姿を見て、ホッと安心とされた方々も多いのではないでしょうか。うれしくて楽しい音楽会になりました。

 

西行 美咲氏 西行 美咲氏

 

 和気あいあいのうちに里帰りライブを楽しませていただきました。主催者の皆さん、YUMEYAさん、出演者の皆さん、このライブを支えてくださった皆さん、ありがとうございました。次回また、ここでお会いしましょう。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

PVアクセスランキング にほんブログ村    

お問合せ

王様『対バンライブ in 福井』

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ にほんブログ村

 

今年も、王様の『対バンライブ in 福井』が開かれました。

告知写真

日時 2017年10月9日(月) 17:30~
場所 CHOP 〒918-8013 福井県福井市花堂東1丁目18−6

出演  王様、THE NEWBEADS、パキラ、コミカルファンクトライアド

 パキラ(Pachira)は2013年6月に結成した3ピースのインストバンド。各々他のバンドに所属し長年福井のアマチュア音楽会で活動してきたGt.鈴木秀文氏、Ba.大谷貴之氏、Dr.竹原和行氏の3名で構成。ここCHOPでのライブは初出演とは意外ですね。「オオカミ少年」「キテレツ君」「ブルドッグソース」「ファンクション大魔王」「コンティミで逢いましょう」など、すべてオリジナル曲を披露されました。

パキラ

 竹原 和行(たけはら かずゆき)氏は、Fuzzy colored(ジャズバンド)、パキラ(オリジナルフュージョン)、INAX(TOTOのコピーバンド) 、ユキボン&極楽ブギー(ブルースバンド)と、4つのバンドでDrumsをつとめているそうですが、パワフルなパフォーマンスで楽曲をリードされていました。

Dr.竹原 和行(たけはら かずゆき)氏 Dr.竹原 和行(たけはら かずゆき)氏

 大谷 貴之(おおたに たかゆき)氏は、パキラ以外にもジャズバンドのあるぱ☆そなあ、Claviculaほかのグループにも参加されているようです。

Bass大谷 貴之(おおたに たかゆき)氏 Bass大谷 貴之(おおたに たかゆき)氏

 Boon Suzukiの名で外国の人と曲を作ったりと大忙しの鈴木 秀文(すずき ひでふみ)氏です。一方、福井愛育病院の副院長先生なんですね。

Gt.鈴木 秀文(すずき ひでふみ)氏 Gt.鈴木秀文(すずきひでふみ)氏

 本日は、王様が各バンドともセッションもやるということで、パキラと王様で「JUMPIN’ JACK FLASH」を演奏されました。

王様 王様

 2番手コミカルファンクトライアドも3ピースのインストバンドです。オリジナル曲「ザ・チーター」「DropBox」2曲のあと、CASIOPEAの「DOMINO LINE」、オリジナル曲に戻って「トライアド」を演奏されました。

コミカルファンクトライアド

 正光 祐貴(しょうこう ゆうき)氏がMCをつとめていました。LAKUYAさんで月1回「正光企画(しょうこうきかく)」というのをさせていただいているとのことでした。

Dr.正光 祐貴(しょうこう ゆうき)氏 Dr.正光 祐貴(しょうこう ゆうき)氏

 ベースのdada(坂口大季)氏。王様とのセッション「ザ・チキン」をはじめソロ演奏でダイナミックな演奏を見せてくれました。

Ba.dada(坂口大季)氏 Ba.dada(坂口大季)氏

 ギターの荒川 The Cheetah 和紀(カッチャン)氏もトークが上手で、若いバンドながら出演回数、経験の豊富さを感じさせるバンドでした。

G.荒川 The Cheetah 和紀(カッチャン)氏 G.荒川 The Cheetah 和紀(カッチャン)氏

 
 

 THE NEW BEADSのステージが始まりました。のっけからハイテンションに立て続けに曲を次々演っていきます。

THE NEW BEADS THE NEW BEADS

 今回guestドラマーとして元SUPER BUTTER DOG の沢田 周一氏を迎えています。ベースのHarukazu Chappy Yamamoto氏はシルクハットがお似合いでした。

Dr.沢田 周一氏 Ba.Harukazu Chappy Yamamoto氏

 「LUV PEACE under the GROOVE」など思わず「待ってました。」と叫んでしまうゴキゲンな曲ばかりでノリノリになりました。ギター 中山 邦彦氏がソロを弾くと一気にテンションが上がりました。キーボードのシェリル松宮(Yoshie Matsumiya)氏は終始体を動かし曲と一体化していました。

Gt.中山 邦彦氏 Keyb.シェリル松宮(Yoshie Matsumiya)氏

 小山 真澄(こやま ますみ)氏、おるがさんに振りを教えてましたね。本多 奈緒美氏はわりと落ち着いて歌うタイプですか?

Cho.小山 真澄(こやま ますみ)氏 Cho.本多 奈緒美氏

 おるがさん、「今日は飲んでいない。」とのことで多少勝手が違うような戸惑いは見せましたが、最高でした。

JBおるが(植田 薫)氏 JBおるが(植田 薫)氏

 そして、本日のメインイベント王様のステージです。「ツイストアンドシャウトひねってわー」「移民の歌」「宇宙の彼方へMore Than A Feelng」「ジャンプぴょん」「burn」「Highway Star」の全6曲を披露されました。

王様 王様

 それからが、さらにお待ちかねTHE NEWBEADS とのセッションです。おお~っとここで、何か髪の長い男性の乱入かと思いきや、おるが植田氏のコスプレでした。場を盛り上げようといでたちを変えて登場したんですね。慣れない長い前髪が邪魔らしく、しきりにかき分けていました。

王様 & THE NEWBEADS

 「SUNRISE」「EASY LIVING」「LOOK AT YOURSELF」の3曲を一緒に熱唱熱演して終演というところですが、お客さんは出演者を帰したくありません。会場に鳴り響くアンコールが退場しようとしていた王様たちを引き止めました。

王様 王様

 アンコール曲としてジェームスブラウンの「I GOT YOU」「SEX MASCHINE」ディープパープルの「SMOKE ON THE WATER湖上の煙」を熱演されました。

王様 王様

 やんやのうちに盛り上がったライブも終了し、王様グッズは飛ぶように売れていました。王様が「毎年6月と10月は福井に現れる。」と言ってましたので、来年6月にここCHOPでまた集えることを祈りながら、王様とお別れしました。

王様グッズ

 

 このブログをここまでご覧くださりありがとうございました。心から感謝いたします。
 今後も、あなたに興味をもってご覧いただけますよう楽しいページづくりに努めてまいります。

 

世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する
ワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。    

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

お問合せ